青森県で着物を一番高く売りたい方へ!

青森県で着物を一番高く買ってくれるお店を探している方、じつは 近隣のお店では着物は高く売れません。 お店へ持ち込むよりも、インターネットのお店のほうが高く買ってくれます。

なぜ青森県内のお店が高くないのかご説明しましょう。

 青森県で一番着物の買取が高いお店はこちら


 なぜ着物買取は安い?

びっくり

まず知っていただきたいのですが、一般的に着物は買うときは数十万、売るときは1〜2万といわれているように元々が高く売れません。これは新品同様の物や新古品の場合で、です。

もちろん、有名作家さんの作品や希少な着物は別ですが、一般の着物の買い取りは需要が年々減っているためとにかく安いのです。

さらに、着物のクリーニング代が2・3万円もかかるため、シミや汚れがあると値段がつかないこともありますし、逆に処分料を取られる場合もあるのです。

30万で買った成人式の振袖が少し汚れただけで、買取1200円ということも珍しくありません。

※信じられないかもしれませんが、Yahoo知恵袋などで『着物 買取』で検索してみてください。 まったく同じような内容がいくつも見つかります。

なぜこんなに着物の買取は安いのか? 詳しくは『知ってますか? 着物の買取が安い理由』をご覧ください。

 

 じつは着物を高く買ってくれるところがあります!

お悩み お悩み

青森県内の質屋やリサイクルショップでは、せっかく着物や反物を持ち込んでも高く売れません。また、帯や小物にいたっては値段がつかないことも多いでしょう。

でも、じつは高く買ってくれるところがあります。

 それはインターネットの着物買取店です!

青森県のお店に比べ、ネットの着物の買取店のほうが着物人口(着物の需要)や管理コストが安いなどの理由で、高額で買い取ってくれるのです。

買取比較1

なぜリサイクル店への持ち込みよりインターネット経由のほうが高いのか?
詳しくは『ネットでの着物の買取が高い理由』をご覧ください。

 

 どこがオススメ? ネットの買取サイト

インターネットでの買取は高いとご紹介しましたが、もちろんすべてのインターネットの買取店が高いわけではありません査定や送料が有料だったり、正式な着物の鑑定人がいないため思っていたより高く売れないこともあります。

また買取価格以前に、悪質だったり、評判の悪いお店もあります。

できるだけ高く安心して着物を売りたい!

そんな方のために口コミサイトで評価が高い、着物買取のお店を調べましたのでご紹介します。

※各種レビューや口コミ、yahoo知恵袋などでの評判と、独自アンケートを取った結果を元に集計しています。
※着物買取の体験者100名にアンケートを取った結果が気になる方はこちらの集計結果をご覧ください。

  着物買取ランキング! ネットで評価が高いお店!

icon-ranking1-1着物の買取【スピード買取.jp】

テレビCMでおなじみの業界でもトップシェアクラスの高価買取店。名前どおりのスピード感で最短30分の出張買取と買い取り査定が高いのが魅力。だからこそネット買取で一番選ばれています。

満足価格!着物の買取【スピード買取.jp】
オススメ度:icon-star5-5

 汚れた着物や古い着物、反物も高く買取る!
 相談無料!安心の無料査定!
 最短30分で出張買取!女性の査定員も指名できる
 女性の一人暮らしなら宅配買取も便利!
 もちんろんキャンセル料も無料!
 査定申し込みの項目が少なくて簡単!
 24時間 査定申し込み受け付け中!

 他店の買取が高かった場合は全額返却!


 買取の詳細をみる

 無料査定を申し込む

着物買取2位買取プレミアム

和服を高く売るなら【買取プレミアム】
オススメ度:icon-star5-3

 帯や小物なども高額買取!大量の買取ならさらに高額に!
 相談無料!安心の無料査定!キャンセル料も無料!
 メールにて24時間 査定申し込み受け付け中!


 買取の詳細をみる

 無料査定を申し込む

icon-ranking1-2ヤマトク

着物売るならヤマトクへ  
オススメ度:icon-star5-4

 お着物関連品であれば基本的に【なんでも】買い取り
 着物専門の鑑定士が一転一転しっかり査定
 独自のデータに基づき買取金額を決定しているため【高価買取】
 査定に納得なら即日振込み
 査定無料!送料無料!


 買取の詳細をみる

 無料査定を申し込む

 「スピード買取.jp」が1位の理由

数ある出張買取店の中で「スピード買取.jp」が1位の理由を改めて5つご紹介します。

 口コミでの評価が高い!!

一番の理由は、何と言っても口コミの評価が高いということでしょう。「買い取り価格に満足」という声が多いのはもちろん、「査定員の印象が良い」という声も多数見られる点を評価しました。

 他店の買取が高い場合は全品返却!

二番目の理由としては、売却後にスピード買取より他店のほうが高いとわかった場合は全品返却してくれます。これはそれだけ高額査定に自信があるからです。

 査定後、キャンセルしても無料

もちろん出張査定は無料で、査定を聞いた後に売るのを止めたとしても出張料を請求されることがないというのも大きな理由です。

お悩み

 査定方法を選べる!!

査定方法を自分の都合に合わせて選べることもオススメの理由です。現金化を急いでいる人は「出張査定」で、最短30分で換金できます。日中時間がとれない人は「宅配買取」であれば、時間に関係なく査定ができますし、もちろん送料無料です。

 女性の査定員で安心

出張査定には女性の査定員が査定に向かうこともできます。女性の一人暮らしの方などには安心できるサービスです。

主にこれらの理由からスピード買取.jpを一番に選んでいます。この他に、査定の申込みが簡単というのも見逃せません。

名前」「電話番号」「郵便番号」「住所」「メールアドレス」を入力するだけで申し込めるので簡単なんです。他店のように入力項目だけで20とかあると嫌になりますよね。
よそのサイトのランキングでも一位に押しているのは同じ理由でしょう。

さらに詳しくスピード買取.jpがおすすめの理由を知りたい方はこちら⇒

 無料査定を申し込む


  青森の織物&着物紹介

 津軽刺子(つがるさしこ)

青森県の津軽地方で行われている刺し子。刺し子とは、布地に糸で幾何学模様等の図柄を刺繍して縫いこむこと。
起源は明らかではないが、江戸時代には技法が確立していた。

 南部菱刺(なんぶひしざし)

青森県の南部地方で行われている刺し子。刺し子とは、布地に糸で幾何学模様等の図柄を刺繍して縫いこむこと。
起源は明らかではないが、江戸時代には刺し子が行われていたようだ。現在、生産量が少なくなっている。

 南部裂織(なんぶさきおり)

青森県の南部地方で生産されている織物。着古した着物や布を細く裂いたものを緯糸に、麻糸や木綿糸を経糸にし地機で織る。
江戸時代に着物や布を大切にする知恵から、それらを再生する技法として生み出されたといわれている。

 津軽木綿(つがるもめん)

青森県弘前市とその近郊で織られている木綿。
広く野良着として使われていたが、現在、丹前などとしてわずかに残る程度になっている。

こういった青森県特産の着物をしっかりとした知識で高く買い取ってくれるのが、今回ランキングで1位として紹介している『スピード買取.jp』です。


  青森県の着物の需要は?

iタウンページに登録されている呉服店の数から青森県での着物の需要を推定します。
青森県の呉服店の店舗数は257店(2015年)であり、これは全国では15番目にあたります。ただ、店舗数ではどうしても人口の多いところは多くなりがちですので、人口に対しての店舗の割合で着物の需要を推測してみましょう。

青森県は呉服店の数は1万人当たりで計算すると1.9店舗になります。これは全国では28番目です。

この結果から、青森県の着物の需要は全国平均から比べても平均的であり、着物買取の需要も平均的といえるでしょう。


  青森県の着物の買取店

青森県内のオススメの着物買取店を厳選してご紹介します。

ART・アートポラリス青森店〒030-0847青森県青森市東大野1丁目20-5
ART・アートポラリス弘前店〒036-8011青森県弘前市大字山下町2-12
アップル〒031-0042青森県八戸市大字十三日町16
青山きものリサイクル鍛冶町店〒036-8192青森県弘前市大字鍛冶町7-5
きものリサイクルまるたけ〒030-0912青森県青森市八重田4丁目2-1-2F

  青森県の着物で行きたい名所

黒石こみせ通り(青森県黒石市)
青森県にあります、黒石こみせ通りは、江戸時代から続くアーケード通りで日本の道100選にも選ばれています。 まるでタイムスリップしたかのような懐かしさのある通りで、クラシックカーが集まるイベントも催されています。
昔ながらのアーケードに着物、風情があり素敵だと思います。黒石市では夏には、ねぷた・夏祭り・花火大会がありますので、着物でねぷたを見たり、こみせ通りで行われる黒石よされを踊ってみたり、とてもいい記念になると思います。
弘前城(青森県弘前市)
弘前城(ひろさきじょう)は、青森県弘前市にある日本の城で、別名「鷹岡城」または「高岡城」。江戸時代に建造された天守や櫓などが現存し国の重要文化財に指定されており、また城跡も国の史跡に指定されています。江戸時代には津軽氏が居城とし、弘前藩の藩庁が置かれていました。
桜を見ながら着物を着るのとか、着ている人を見ると凄くうっとりしますし、素敵だと思ったからです。それに、城なのでぴったりだと思います。絶対に合うと思います。私も次は着ていきたいと思いますし、おしゃれだと思うからです。

  着物のコラム・豆知識

帯の種類とお太鼓結び 青森市在住 40代女性

帯の種類とお太鼓結びランチやショッピングなど普段使いの着物に合わせる帯には、主に名古屋帯と半幅帯があります。写真の帯は共に名古屋帯で、幅広い部分とその半分の幅に縫い合わせた部分で構成されています。

また、端から端まで広いままを袋帯、端から端まで半分の幅を半幅帯と言います。

名古屋帯の細い部分は胴に巻きつけていき、幅広い部分で最後に背中に形を作ります。

スタンダードな結び方に「お太鼓」というものがあり、帯の幅広い部分で背中に四角い形を作ります。左の紫色の帯は、どーんと真ん中に鯉が描かれています。お太鼓を結ぶ時、この鯉がちゃんと見える様に仕上げるのがちょっと手間です。口が隠れたり尾が隠れたりすると、やはり仕上がりが残念になるので、帯を背に沿わせる時、鏡を見ながら鯉の出具合を見ます。

一方、右の帯は柄が全体的に統一され、区切りがありません。この時は柄の位置を気にすることなくお太鼓が結べます。

紫色の帯も「どう巻いていくと上手く柄が出るのか?帯枕をどう添えると背中の柄がちょうど良く見えるのか?」を、何度か鏡を見ながら練習し、その位置加減を把握して頂ければ大丈夫です。あまり使ってない帯だと、いざその時にちょっと手こずるかもしれないので…。

もし、お太鼓結びを練習中でしたら、最初の導入としては右の帯のように全体に柄が繰り返されている様なものをオススメします。

  着物の思い出

青森市在住 30代女性 たくさん着物を着せたいSさん

DSC_0049

DSC_0049

お正月に着た着物の写真です。

着物好きの方からいただいた小紋と、絞りの羽織、それから祖母が織った反物から作った名古屋帯です。

絞りの羽織は、なかなか出番がなかったのですが、やっと着られたなという感じでした。また、帯ですが、元々祖母が機織りの仕事をしていた時に作った反物でした。

恐らく20年近く眠っていたのですが、私が結婚したのを機に、母が何か形にしたい、と言って帯になりました。

羽織にもなりそうだったのですが、持ち込んだ先に相談すると、名古屋帯の方が使いやすいと言われ、それならばとお願いした形です。

私の好きな緑色で、柔らかく、こちらもこの時初めて締めました。

なかなか着る機会がないのですが、薄い青磁のような付下げが仕立ててもらっているので、その時にも合わせられそうな、シンプルな地紋です。

お正月ということもあって、着物を着たのですが、それだけで家族みんな喜んでくれました。
やっぱり、「晴れ着」というだけあるんですね。

京都で生活していたときは、普段から着物を着ていても普通だったのですが、地元に帰ってからは、着物というだけで、晴れ晴れしたイメージがあるようです。

いいような、悪いような…ですが、それでも着物を着るのは好きだし、喜んでもらえたらそれでいいかなと思っています。

  青森県で着物や帯の買取実績

  • 本加賀友禅や辻が花訪問着類一式買取り
    買取価格:112,000円
  • 絞り、染めなどの訪問着。全て作家物なら
    買取価格:184,000円
  • 龍村と佐波理の帯2点が驚きの価格に!
    買取価格:100,000円
  • 京都千總の黒留袖やぜんまい紬が複数枚で
    買取価格:98,000円
  • 「柿本市郎」本加賀友禅含む数枚がなんと!
    買取価格:150,000円
  • 状態のいい複数の帯。帯買取だけでもOK
    買取価格:152,000円

  青森県内の『着物買取』のエリア紹介

  • 青森市
  • むつ市
  • 弘前市
  • 十和田市
  • 三沢市
  • 平川市
  • 黒石市
  • 五所川原市
  • 八戸市
  • つがる市

 青森県で着物を高く買取るお店はこちらでチェック!