大判ストールをプラスしてアレンジ!
着物のリメイクコーデ。

親戚家族知人から譲り受ける着物達…
頂いた中身はあなたにとって派手すぎますか?地味すぎますか?

地味だから、まだ着ない?
派手だから、もう着れない?

いいえ!

アレンジ次第で全く雰囲気が変わります!

要は自分好みの雰囲気に、コーディネートを持っていけば良いのです。

大判ストールをプラスしてアレンジ!

今回は、古い着物に1つ現代のアイテムを加えるだけで、カジュアルになる方法をお話したいと思います。

コーディネートに使用した、頂きものの古いアイテムは、「着物」と「半幅帯」になります。

着物は知人のお祖母様からの頂きもの。

知人のお母様は着物をお召しにならず、知人も「自分好みの色や柄ではないから着ない。」ということで、私のところにやって来ました。

この着物、柄の拡大写真を見ていただくと分かりやすいのですが、季節感のない柄が繰り返し描かれています。

着物だけれどオリエンタルな感じですね!

このような季節感の無い柄は、全体的な色合いやトータルコーディネートで「春・秋・冬」に合わせていけばオッケーなので、ありがたく頂戴しました。

さて、コーディネートするにあたり…
直感で感じた「オリエンタルな」イメージのまま帯をセレクト!

まずは名古屋帯

この名古屋帯はリサイクルショップで購入したものですが、これも着物同様、季節感を感じさせない柄ですよね!

なんと750円でした!!安っ!!

色合いも赤茶系の着物にマッチしてます。

そして、このままお出かけでももちろんオッケーですが、始めに書いた通り「大判ストール」をプラスさせていきましょう!

プラスするといっても、ふわっと肩からかけるだけ!

どうでしょう?着物と同じくアジアンテイストな柄のストールが加わる事で、ぐっとカジュアルになりました

色も帯と着物が同系色にまとまり過ぎていましたが、緑という差し色を加える事が出来ました。

ちょっと肌寒い時に、
見た目にも実際にも、このストールの有無で暖かさが増しますよ。

この大判ストール。
着物との柄の相性が良いので、もう1つのアレンジをやっちゃいます!

まず名古屋帯を半幅帯にチェンジ。

半幅帯は祖母のものです。
半幅帯を選ぶにあたって、「地味で、着物よりも目立たないように…」と考えました

何故かって?

じゃん!

帯にストールを巻くからです!!

ストールを前から巻いて後ろで結びました。

背中側の半幅帯は見えますが、前は完全に隠しちゃいます。

前を見て後ろを見られた方に
「あれ?これどうなってるの?」
とびっくりさせましょう(笑)

後ろの結びで、ストールの端も隠さず「」として使うと、ボリュームアップにもなります。

大判ストールは真ん中を綺麗に畳んで、前から後ろに持っていく事がポイントです。
厚みが出るので、前がモコモコし過ぎないように、先に巻いた半幅帯に添わせてフラットに重ねましょう。

前から見るとシンプル…だけど、後ろに回ると、あら?!ゴージャス!な帯結びの出来上がりです。

先ほどの羽織るだけのバージョンと比べて、暖かい日中なんか、こちらでも大丈夫ですね!

そして、夕方寒くなったら、帯周りからストールを剥ぎ取って肩からかけても良いでしょ?

こんなコーディネートをすると、この着物がおばあちゃんが何十年も前に着ていたものだった、なんて分からないですよね。

季節を問わない柄の小紋を頂いた時は、何にも気にせず、1つだけ現代のアイテムを加えてアレンジしてみましょう。
このように、ぐっとカジュアルになって着る時期が広がります。

いかがでしょう?

似たような着物がありましたら、ぜひこのコーデを試してみてくださいね♪

着付け師の千葉でした。

13267699_602064289953098_7652738551305127054_n

記事投稿者

KIMONO CLUB BLA’N’RED
着付師 千葉真実 ちば まみ Facebook→https://m.facebook.com/blanred/
Instagram→mami.c_bla.n.red