「古い着物を着る方法」
おばあちゃんの着物&友だちの帯でチャレンジ!

こんにちは!
今回も祖母の着物を例にあげて、コーディネートしていこうと思います!

「古い着物を着る方法」として、よく祖母の着物を挙げていますが、祖母が普段から着物を着ていた記憶はありません。

おそらく、若い頃、和裁の仕事をバリバリやっていた頃のものかな…と。

ですので、今まで挙げた着物も今回のものも、もう長い事、タンスにしまいっぱなしだったと思います。

見てください!

内側はこの様にもう、布が裂けそうな雰囲気…。丁寧に扱わないといけませんね。

今回は、その譲り受けた祖母の着物のなかでも青緑色の小紋にチャレンジしてみました!

合わせている帯は、こちらも頂き物。

着物を通して知り合った、着物好きの友人から譲って貰ったものです。
着物を始めた頃というのは、選び方に悩みます。

自分の好みはあるんだけど、それで選んで良いのか?

無難に選んでしまったり、店員さんの意見に押されてしまったり、アドバイスはありがたいけれど、買ったものの結局、あまり好みで無く出番が回って来ない着物や帯があったりします。

この帯を下さった方もそう。

買ったものの締めないから…と。

私も例外ではなく(笑)、手に入れたものの、結局自分の好みではないので日の目を見ず、手放したものがあります。

着物好きさん達と知り合って、交換会を開催して、お互い着なくなった着物、締めなくなった帯を譲り合い、再度、その着物や帯たちに活躍の場を与える…なんて事も素敵ですよね!!

さてさて、小物や半襟をどうしよう?と悩みました。

例えば、半襟は、王道の白でもありです!

また、着物の柄を拡大すると、ピンク色も混ざっているんですよー!

ですので、ピンク色もあり!!

でも、今回は、髪の毛の色に合わせて引き締める色を黒としました。

私自身「黒が好き」というのもあります。好きな色が入っていると気持ちが落ち着きますので♬

全身を見て、頭=黒、襟元=黒、お腹周り=黒…という風に、重たい黒色も分散してみると、バランスが取れるかな?!そう思って、コーディネートしてみました!いかがでしょう?