かっこいい!と言われたいコーディネート
着物のリメイクコーデ。

こんにちは、着付け師の『千葉』です。

親戚家族知人から譲り受ける着物達…
頂いた中身はあなたにとって派手すぎますか?地味すぎますか?

地味だから、まだ着ない?
派手だから、もう着れない?

いいえ!

アレンジ次第で全く雰囲気が変わります!

要は自分好みの雰囲気に、コーディネートを持っていけば良いのです。

かっこいい!と言われたいコーディネート!

こちらの着物とストールは、ともに大正生まれの祖母の物です。

着物は無地。
青みがかった灰色。
紋がありませんので完全普段着です。

着物自体に地模様はありませんが、八掛が派手!!
なので私にとっては、お気に入りの一枚です。

ただ袖口や裾からチラッと見える八掛がいくら派手でも、大多数の人はまず着物の表面を見て地味だと感じるでしょう。

そこで今回は小物をプラス

さらに最終的には「シックに決めたい」ので、祖母の持っていたストールの中でも黒のストールと組み合せることにしました。

ストールはおそらくベロア素材だと思います。
この素材の光沢感が、このあと組み合わせる帽子帯揚げベルトの輝きや光沢とマッチするだろうと考えて選んでみました。

着物とストールが既に決まってるので、半襟もそれに合わせて黒色を選択。
さらにカジュアルさを出す為にレース素材を選んでみました。

ちなみに、この黒レースの半襟は百均で買ったものです。

百均はリメークコーデの材料がたくさんあるから、ほんとに便利ですよ。
もちろん専門店でレース地にこだわってもOKなんですが、私は安さ重視のコーディネートで〜す♪

次に帯ですが、帯は着物と同じく地味目の名古屋帯にしてみました。
リサイクルショップで1,000円で購入したものです。

地味ながらも、銀色が光に反射して存在感はあります!

帯揚げにはストールを使っています。
これは着物に合わせるつもりでリサイクルショップで買った、300円くらいのものです。

帯に銀色・白色、ストールと半襟の黒色が入っているので、今回ちょうど良いかな?と選びました。

帯揚げを試しに「リボン結び」にしたのですが、「可愛い」にならないのは色合いとこの組み合わせのおかげでしょう。

最後に帯締めは、蝶の飾りがついたゴツめのベルトを選択。

コーデにシルバーのチェーンがついてた帽子も合わせようと思っていたので、蝶のモチーフのついたベルトでバランスを取りたいという理由でこの組み合わせになっています。

あと飾りの蝶と帯揚げのリボンの組み合わせもなかなかでしょ?

このコーデで楽器とか弾けたらかっこいいですよね♪

我が家にはベースがあるので、このコーディネートで(弾けませんけど)アーティストさんっぽい写真を撮ってみようかな?と思いました(笑)

さて、今回のコーデはいかがでしたか?

似たような着物がありましたら、ぜひこのコーデも試してみてくださいね♪

着付け師の千葉でした。

追記:実際にベースの写真とってみました(^^)

13267699_602064289953098_7652738551305127054_n

記事投稿者

KIMONO CLUB BLA’N’RED
着付師 千葉真実 ちば まみ Facebook→https://m.facebook.com/blanred/
Instagram→mami.c_bla.n.red