可愛らしさをちょい足しコーディネート
着物のリメイクコーデ。

こんにちは、着付け師の『千葉』です。

親戚家族知人から譲り受ける着物達…
頂いた中身はあなたにとって派手すぎますか?地味すぎますか?

地味だから、まだ着ない?
派手だから、もう着れない?

いいえ!

アレンジ次第で全く雰囲気が変わります!

要は自分好みの雰囲気に、コーディネートを持っていけば良いのです。

可愛らしさをちょい足しコーデ!

こちらの着物はウール素材で、友人のお母様から譲り受けたものです。

そのお母様もご家族から譲り受けたものらしく、「結局だれも着ないからあげる。」と言われ、お言葉に甘えて頂きました。

ウールなので普段使いにとても良いのですが、パッと見て目をひく柄がなく、とてもシンプルに見えます。

じつは黒地に赤紫色で柄が入っているのですが、近くでよく見ないと分かりません。

以前の自分のコーディネートでは、着物の色合いに黒色・灰色を合わせ、前から見ると地味だけど、帯結びで変化をつけていました。

こんな感じです。

しかし、着物に色合いを合わせると重たくなりがちです。

そこで今回は、可愛さの王道でせめて見ることにします。

半襟には白レースを持ってきました。
半襟自体を多めに見せるように着付けて、レースをアピールします。

このレースは洋服に付いていたもので、お好みで付け外しが出来るタイプ。
使い勝手がいいので、私はもっぱら着物のコーデで使っています♪

フリフリの甘いファッションが苦手な方でも、このくらいシックな着物ならフリフリ感が意外といけるともいます。

ちなみに、このレースのフリフリは半襟にちょっと縫い付けるか、安全ピンで軽く留めるだけでOKです。

次に帯は半幅帯に。

半襟の白とレースのカジュアルさに合わせて、古典的では無いものを持ってきました!

この帯は現在市販されている半幅帯に比べても、だいぶ帯幅が狭いです。
ですからこうやって、ずらして巻いています。

今回はズレてる境目を隠すように、春物のかぎ編み細マフラーを巻きました!
もっとも境目は別に隠さなくて、堂々とバラして良いんですけどね。

この帯はもとは祖母のもので、古くてシミもありますが、構わず使っています。
古いものは汚れやシミが多少なりともあるものですが、近づかないと分からない程度でしたら、気にせず使って良いと思います。

一緒に出かける友人も、通りすがりの人も、そんなに近寄ってジロジロ見る事はないでしょうから。

帯締めも単なる飾りです!

白が強い帯周りのど真ん中を黒色で引き締めようと思いました。

この帯締め、白・黒・赤紫色の三色入っているので便利です!

最後に、レースの手袋。

手持ちは紫色だったのですが、まぁ合うかな?と!
襟元がレースなので、もう一ヶ所レース!!と、欲を出しました。

白レースの手袋でも良いと思いますよ!

本当は、白を合わせてみたかったけど持っていないので残念。

今回は、着物と帯が古いもの。

それ以外は洋装アイテムから遠慮なく持ってきていますが、最初に書いたように、着物自体がシンプルでシックな色合いなので全体的に甘すぎない仕上がりかと思います!

  

さて、いかがででしたか?

似たような着物がありましたら、ぜひこんなコーデも試してみてくださいね♪

着付け師の千葉でした。

13267699_602064289953098_7652738551305127054_n

記事投稿者

KIMONO CLUB BLA’N’RED
着付師 千葉真実 ちば まみ Facebook→https://m.facebook.com/blanred/
Instagram→mami.c_bla.n.red