石川県で着物を一番高く売りたい方へ!

石川県で着物を一番高く買ってくれるお店を探している方、じつは 近隣のお店では着物は高く売れません。 お店へ持ち込むよりも、インターネットのお店のほうが高く買ってくれます。

なぜ石川県内のお店が高くないのかご説明しましょう。

 石川県で一番着物の買取が高いお店はこちら


 なぜ着物買取は安い?

びっくり

まず知っていただきたいのですが、一般的に着物は買うときは数十万、売るときは1〜2万といわれているように元々が高く売れません。これは新品同様の物や新古品の場合で、です。

もちろん、有名作家さんの作品や希少な着物は別ですが、一般の着物の買い取りは需要が年々減っているためとにかく安いのです。

さらに、着物のクリーニング代が2・3万円もかかるため、シミや汚れがあると値段がつかないこともありますし、逆に処分料を取られる場合もあるのです。

30万で買った成人式の振袖が少し汚れただけで、買取1200円ということも珍しくありません。

※信じられないかもしれませんが、Yahoo知恵袋などで『着物 買取』で検索してみてください。 まったく同じような内容がいくつも見つかります。

なぜこんなに着物の買取は安いのか? 詳しくは『知ってますか? 着物の買取が安い理由』をご覧ください。

 

 じつは着物を高く買ってくれるところがあります!

お悩み お悩み

石川県内の質屋やリサイクルショップでは、せっかく着物や反物を持ち込んでも高く売れません。また、帯や小物にいたっては値段がつかないことも多いでしょう。

でも、じつは高く買ってくれるところがあります。

 それはインターネットの着物買取店です!

石川県のお店に比べ、ネットの着物の買取店のほうが着物人口(着物の需要)や管理コストが安いなどの理由で、高額で買い取ってくれるのです。

買取比較1

なぜリサイクル店への持ち込みよりインターネット経由のほうが高いのか?
詳しくは『ネットでの着物の買取が高い理由』をご覧ください。

 

 どこがオススメ? ネットの買取サイト

インターネットでの買取は高いとご紹介しましたが、もちろんすべてのインターネットの買取店が高いわけではありません査定や送料が有料だったり、正式な着物の鑑定人がいないため思っていたより高く売れないこともあります。

また買取価格以前に、悪質だったり、評判の悪いお店もあります。

できるだけ高く安心して着物を売りたい!

そんな方のために口コミサイトで評価が高い、着物買取のお店を調べましたのでご紹介します。

※各種レビューや口コミ、yahoo知恵袋などでの評判と、独自アンケートを取った結果を元に集計しています。
※着物買取の体験者100名にアンケートを取った結果が気になる方はこちらの集計結果をご覧ください。

  着物買取ランキング! ネットで評価が高いお店!

icon-ranking1-1着物の買取【スピード買取.jp】

テレビCMでおなじみの業界でもトップシェアクラスの高価買取店。名前どおりのスピード感で最短30分の出張買取と買い取り査定が高いのが魅力。だからこそネット買取で一番選ばれています。

満足価格!着物の買取【スピード買取.jp】
オススメ度:icon-star5-5

 汚れた着物や古い着物、反物も高く買取る!
 相談無料!安心の無料査定!
 最短30分で出張買取!女性の査定員も指名できる
 女性の一人暮らしなら宅配買取も便利!
 もちんろんキャンセル料も無料!
 査定申し込みの項目が少なくて簡単!
 24時間 査定申し込み受け付け中!

 他店の買取が高かった場合は全額返却!

下記のボタンより無料査定をお申し込みください↓

 買取の詳細をみる

 無料査定を申し込む

着物買取2位買取プレミアム

和服を高く売るなら【買取プレミアム】
オススメ度:icon-star5-3

 帯や小物なども高額買取!大量の買取ならさらに高額に!
 相談無料!安心の無料査定!キャンセル料も無料!
 メールにて24時間 査定申し込み受け付け中!


 買取の詳細をみる

 無料査定を申し込む

icon-ranking1-2ヤマトク

着物売るならヤマトクへ  
オススメ度:icon-star5-4

 お着物関連品であれば基本的に【なんでも】買い取り
 着物専門の鑑定士が一転一転しっかり査定
 独自のデータに基づき買取金額を決定しているため【高価買取】
 査定に納得なら即日振込み
 査定無料!送料無料!


 買取の詳細をみる

 無料査定を申し込む

 「スピード買取.jp」が1位の理由

数ある出張買取店の中で「スピード買取.jp」が1位の理由を改めて5つご紹介します。

 口コミでの評価が高い!!

一番の理由は、何と言っても口コミの評価が高いということでしょう。「買い取り価格に満足」という声が多いのはもちろん、「査定員の印象が良い」という声も多数見られる点を評価しました。

 他店の買取が高い場合は全品返却!

二番目の理由としては、売却後にスピード買取より他店のほうが高いとわかった場合は全品返却してくれます。これはそれだけ高額査定に自信があるからです。

 査定後、キャンセルしても無料

もちろん出張査定は無料で、査定を聞いた後に売るのを止めたとしても出張料を請求されることがないというのも大きな理由です。

お悩み

 査定方法を選べる!!

査定方法を自分の都合に合わせて選べることもオススメの理由です。現金化を急いでいる人は「出張査定」で、最短30分で換金できます。日中時間がとれない人は「宅配買取」であれば、時間に関係なく査定ができますし、もちろん送料無料です。

 女性の査定員で安心

出張査定には女性の査定員が査定に向かうこともできます。女性の一人暮らしの方などには安心できるサービスです。

主にこれらの理由からスピード買取.jpを一番に選んでいます。この他に、査定の申込みが簡単というのも見逃せません。

名前」「電話番号」「郵便番号」「住所」「メールアドレス」を入力するだけで申し込めるので簡単なんです。他店のように入力項目だけで20とかあると嫌になりますよね。
よそのサイトのランキングでも一位に押しているのは同じ理由でしょう。

さらに詳しくスピード買取.jpがおすすめの理由を知りたい方はこちら⇒

 無料査定を申し込む


  石川の織物&着物紹介

 加賀友禅(かがゆうぜん)

石川県の金沢で染められている友禅染。京友禅や東京友禅とともに日本三大友禅の一つとされている。
加賀五彩という、藍、黄土、臙脂、緑、墨を基調色としており、京友禅では模様の内側から外側へぼかすことが多いのに対して、加賀友禅では模様の外側から内側へ向かって濃い色を薄い色にしていく「先ぼかし」や、木の葉などの模様に墨色の点で描く「虫食い」の表現が特徴的。
室町時代頃から行われていた梅染が加賀友禅の起源。
江戸初期には約200軒の紺屋があったといわれており、江戸中期から京都の友禅染の影響を受けて更に洗練されていった。

 牛首紬(うしくびつむぎ)

石川県の白山山麓、旧白峰村牛首付近で生産されている紬。節の浮いた強くしっかりとした独特の質感をもつ、光沢のある生地が特徴。
一般的な紬は繭を真綿にしてから糸を紡ぐのに対し、牛首紬は玉繭を使い繭から糸を直接引き出す方法で糸を採る。
釘に引っ掛けても破れるどころか、釘を抜くほど丈夫といわれたことから「釘抜き紬」とも呼ばれた。

 能登上布(のとじょうふ)

石川県の能登、羽咋地方で生産されている夏の麻織物。石川県の無形文化財。麻独特の通気性の良さや軽さに加えサラリとした肌触りがあり、細やかな絣模様が特徴。
古くから麻の栽培が盛んで崇神天皇の皇女によって麻織物の技術が伝えられたといわれている。

 小松綸子(こまつりんず)

石川県小松市で生産されている絹織物。なめらかで光沢があるのが特徴。紋織を生かした綸子が生産されている。
古くから絹織物が生産されており、聖武天皇

こういった石川県特産の着物をしっかりとした知識で高く買い取ってくれるのが、今回ランキングで1位として紹介している『スピード買取.jp』です。


  石川県の着物の需要は?

iタウンページに登録されている呉服店の数から石川県での着物の需要を推定します。
石川県の呉服店の店舗数は368店(2015年)であり、これは全国では3番目にあたります。ただ、店舗数ではどうしても人口の多いところは多くなりがちですので、人口に対しての店舗の割合で着物の需要を推測してみましょう。

石川県は呉服店の数は1万人当たりで計算すると3.17店舗になります。これは全国では15番目です。

この結果から、石川県の着物の需要は全国平均から比べても高いほうであり、着物買取の需要もかなり高いといえるでしょう。


  石川県の着物の買取店

石川県内のオススメの着物買取店を厳選してご紹介します。

ジャムルK〒923-0854石川県小松市大領町ロ61
越田商店〒920-0843石川県金沢市森山2丁目1-32
竜宮堂〒920-0016石川県金沢市諸江町中丁247-1
骨董買取専科〒920-3122石川県金沢市福久町ヲ119-1
なごみ〒920-0266石川県河北郡内灘町字大根布1丁目34

  石川県の着物で行きたい名所

金沢市内(石川県金沢市)
ここ最近、新幹線が新たに開通して都心からのアクセスも抜群によくなりました。金箔や海鮮料理、加賀野菜などが有名です。金沢市内だけでも旅行として充分楽しめます。能登半島や花嫁のれんの観光列車などもあります。
石川県が加賀友禅で有名なのでレンタルして着ている方が多くいました。着ているかたが結構いらっしゃるので、着物を着たくなるかと思います。武家屋敷跡の石畳の町並みや兼六園などのキレイな景色と着物は、とても絵になると思います。
主計町茶屋街(石川県金沢市)
99年10月1日に全国で初めて旧町名が復活した金沢市の主計町です。 にし茶屋街、ひがし茶屋街と並ぶ、金沢の三大茶屋街として有名な茶屋街です。 昔ながらの料亭や茶屋が建ち並び、夕暮れ刻になると三味線の音が聞こえることがあり、しっとりと浸る町です。 ひがし茶屋街から浅野川大橋を渡った向こう岸すぐの場所にあり、金沢の風情ある散策を楽しめるコースと人気です。
主計町茶屋街は出格子の家並みが続いていて、静けさや和風の風景に着物で出かけていくと、染まっていくでしょう。 建築美のある建物が続いていて、朝・昼・夜にそれぞれ風情の違いが感じられて、優雅な観光になります。 主計町茶屋街では、桜並木がある道があり、春になれば、一斉に川面に桜の花が差し伸べるような風景が見られます。しっとりと艶やか景色です。 また、季節感によって主計町茶屋街の魅力が伝わるので、着物でぜひ、出かけてほしい名所です。
兼六園(石川県金沢市)
兼六園は、日本三名園の一つです。 ミシュラン観光版で三ツ星を獲得しており、日本人だけにとどまらず海外の観光客にも大変な人気があります。 加賀の13代藩主の斉泰が造りとても優美で荘厳な趣きのある庭園となっています。
兼六園は桜や紅葉シーズンが有名ですが、夏や冬でも大変趣きがありとても素敵な雰囲気を楽しむことが出来ます。 とても情緒のある庭園ですので着物で散策すると素敵だと思います。 散策に疲れたら、庭園内の時雨亭で生和菓子とお抹茶を頂けます。
金沢21世紀美術館(石川県金沢市)
金沢市に2004年に開館した比較的新しい美術館です。主に現代美術を収蔵しています。 ヴェネチアビエンナーレ国際建築展金獅子賞を受賞した建物自体に存在感があり、美術ファンだけでなく一般の観光客にも人気があります。
金沢は小京都とも呼ばれ和のイメージが強い観光地ですが、21世紀美術館は現代アートを扱っていることもあり全体的にクールな雰囲気です。 一見着物姿で訪れるにはミスマッチな感じがしますが、無料で入ることのできるエリア内に加賀友禅をモチーフにした壁紙のスペースがあります。 ここは着物姿の女性がピタッとはまるスポットなのでオススメだと思います。
ひがし茶屋街(石川県金沢市)
重要伝統的建造物群保存地区に指定されているひがし茶屋街は、紅殻格子と石畳の道が印象的な所です。街並みを歩くと、江戸時代の情緒が味わえます。観光客の方が楽しめるお土産屋さんや、喫茶店などのお店も増え、北陸新幹線開通後はたくさんの観光客が訪れる観光地となっています。
石畳と紅殻格子の風情ある街並みには、着物が似合います。お茶屋さんの内部を見学するときにも、着物のほうがしっくりとくるのではないでしょうか。慌ただしい日々の中で、たまにはゆっくりと着物で、そぞろ歩きを楽しむ余裕を持てる大人になりたいものです。

  着物のコラム・豆知識

帯締めは以外なもので代用できる 金沢市在住 40代女性

13480072_584755968364546_268458783_nこれは夏の着物になります。 大きめの模様ですがシンプルなのでわりと誰にでも似合うと思います。

夏なのですっきり爽やかに見えるように白の帯を合わせてみました。 どちらも白×紫の配色なのですっきりと見えます。

そのまますっきりと着たいなら、帯揚げは淡い黄色、帯締めは葉っぱの葉脈をイメージして緑がいいいなぁと思います。 ちょっと小物の色で遊ぶなら濃いめのピンクや黄色を半襟や帯揚げなどに使うと楽しいです。

色の相性は私はきもの番長と呼ばれる松田恵美さんの本を参考によく見ております。本のタイトルも「きもの番長2」です。 「きもの番長」ってタイトルもあります。そちらは初心者向けになってるので興味がある方は見てみて下さい。丁寧にわかりやすく書いてありますよ。

イラストがとっても素敵で、そこに描かれている可愛い着物達を眺めています。 自分の着物のあの赤いのには今度はあの紫のの帯で合わせてみようなとど考えながら見てるととてもワクワクします。

ちなみに、帯締めはベルトでも代用出来ます。細めのベルトだとぱっと見ではわからないですよ。 私はセールの時に、ギャルショップで前で引っ掛けて止めるタイプの可愛いお花のベルトを見つけて白と紺のどちらを買うか悩んで、2つで千円だったのでどちらも購入してかなり重宝しております。

ギャルショップは安くて可愛い物があるので宝探し感覚でたまに覗いてます。 着物って意外と家にある物を取り入れられるんです。身近な物がコーデにバシッとはまった時は顔がにやにやとしてしまいます。 みなさんも、家にある物を1度見回してみて下さい。意外とあるかもしれないですよ。

  着物の思い出

金沢市在住 50代女性 Fさん

DSCF3426結婚するときに母は訪問着や色無地、喪服、小紋等の着物を揃えてくれました。そんな中で唯一自分で買ったのがこの留袖です。

当時呉服の仕事をしていた伯母が見繕って来てくれた数点の中から自宅で選びました。もっとシックな色合いのものや、他の絵柄も有った中でこれが一番美しい色使いの反物でした。

最初に袖を通したのは妹の結婚式の時です。留袖を着た鏡の中の自分がとても落ち着いて見えて、母親に余りにそっくりでびっくりしたのを憶えています。

その後は着る機会もなく柄も若々しく華やかなものに思えたので、もう袖を通す事も無いかな、もう少し落ち着いた色柄の物を選んだ方が良かったかななどと思っていました。でも娘が結婚する事になって着付けの先生や義母に相談したら、何の問題も無い、絶対に来た方が良いと勧められ、思い切ってこの留袖で出席しました。

結果、とても良かったと思っています。結婚式というおめでたい席なので洋装の方も和装の方もみんな華やかで、花嫁の母があまり派手なのは…と危惧した事も取り越し苦労でした。いずれは娘が着てくれる事になるでしょう。洋服と違って、そこが着物の良いところですものね。一番良い状態で譲れるようにこれからも心をかけようと思っています。

  石川県で着物や帯の買取実績

  • 希少な人間国宝、北村武資の帯がこの価格!
    買取価格:230,000円
  • 箪笥に眠っていたブランド着物や作家物が!
    買取価格:138,000円
  • 本加賀の黒留袖や川島の帯等一式が!
    買取価格:215,000円
  • 本加賀友禅や辻が花訪問着類一式買取り
    買取価格:112,000円
  • 本場大島紬や上質な訪問着など希少品多数で
    買取価格:145,000円
  • 風合いも良い染めの小紋など未着用で
    買取価格:129,000円

  石川県内の『着物買取』のエリア紹介

  • かほく市
  • 白山市
  • 能美市
  • 野々市市
  • 加賀市
  • 金沢市
  • 七尾市
  • 小松市
  • 珠洲市
  • 羽咋市
  • 輪島市

 石川県で着物を高く買取るお店はこちらでチェック!