京都府で着物を一番高く売りたい方へ!

京都府で着物を一番高く買ってくれるお店を探している方、じつは 近隣のお店では着物は高く売れません。 お店へ持ち込むよりも、インターネットのお店のほうが高く買ってくれます。

 一番着物の買取が高いインターネットのお店はこちら

なぜ京都府内のお店で着物を売っても高くないのか?ご説明しましょう。


 なぜ着物買取は安い?

びっくり

まず知っていただきたいのですが、一般的に着物は買うときは数十万、売るときは1〜2万といわれているように元々が高く売れません。これは新品同様の物や新古品の場合で、です。

もちろん、有名作家さんの作品や希少な着物は別ですが、一般の着物の買い取りは需要が年々減っているためとにかく安いのです。

さらに、着物のクリーニング代が2・3万円もかかるため、シミや汚れがあると値段がつかないこともありますし、逆に処分料を取られる場合もあるのです。

30万で買った成人式の振袖が少し汚れただけで、買取1200円ということも珍しくありません。

※信じられないかもしれませんが、Yahoo知恵袋などで『着物 買取』で検索してみてください。 まったく同じような内容がいくつも見つかります。

なぜこんなに着物の買取は安いのか? 詳しくは『知ってますか? 着物の買取が安い理由』をご覧ください。

 

 じつは着物を高く買ってくれるところがあります!

お悩み お悩み

京都府内の質屋やリサイクルショップでは、せっかく着物や反物を持ち込んでも高く売れません。

帯や小物にいたっては値段がつかないことも多いでしょう。

でも、じつは高く買ってくれるところがあります。

 それがネットの着物買取店です!

京都府のお店に比べ、ネットの着物の買取店のほうが着物人口(着物の需要)や管理コストが安いなどの理由で、高額で買い取ってくれるのです。

もちろん、和服の買取が高いだけでなく帯や小物などもしっかり買い取ってくれます。

買取比較1

なぜリサイクル店への持ち込みよりインターネット経由のほうが高いのか?
詳しくは『ネットでの着物の買取が高い理由』をご覧ください。

 

 どこがオススメ? ネットの買取サイト

インターネットでの買取は高いとご紹介しましたが、もちろんすべてのインターネットの買取店が高いわけではありません査定や送料が有料だったり、正式な着物の鑑定人がいないため思っていたより高く売れないこともあります。

また買取価格以前に、悪質だったり、評判の悪いお店もあります。

できるだけ高く安心して着物を売りたい!

そんな方のために口コミサイトで評価が高い、着物買取のお店を調べましたのでご紹介します。

※各種レビューや口コミ、yahoo知恵袋などでの評判と、独自アンケートを取った結果を元に集計しています。
※着物買取の体験者100名にアンケートを取った結果が気になる方はこちらの集計結果をご覧ください。

  着物買取ランキング! ネットで評価が高いお店!

icon-ranking1-1着物の買取【スピード買取.jp】

テレビCMでおなじみの業界でもトップシェアクラスの高価買取店。名前どおりのスピード感で最短30分の出張買取と買い取り査定が高いのが魅力。だからこそネット買取で一番選ばれています。

満足価格!着物の買取【スピード買取.jp】
オススメ度:icon-star5-5

 汚れた着物や古い着物、反物も高く買取る!
 相談無料!安心の無料査定!
 最短30分で出張買取!女性の査定員も指名できる
 女性の一人暮らしなら宅配買取も便利!
 もちんろんキャンセル料も無料!
 査定申し込みの項目が少なくて簡単!
 24時間 査定申し込み受け付け中!

 他店の買取が高かった場合は全額返却!

下記のボタンより無料査定をお申し込みください↓

 買取の詳細をみる

 無料査定の問い合わせ

着物買取2位買取プレミアム

和服を高く売るなら【買取プレミアム】
オススメ度:icon-star5-3

 帯や小物なども高額買取!大量の買取ならさらに高額に!
 相談無料!安心の無料査定!キャンセル料も無料!
 メールにて24時間 査定申し込み受け付け中!


 買取の詳細をみる

 無料査定の問い合わせ

icon-ranking1-2ヤマトク

着物売るならヤマトクへ  
オススメ度:icon-star5-4

 お着物関連品であれば基本的に【なんでも】買い取り
 着物専門の鑑定士が一転一転しっかり査定
 独自のデータに基づき買取金額を決定しているため【高価買取】
 査定に納得なら即日振込み
 査定無料!送料無料!


 買取の詳細をみる

 無料査定の問い合わせ

 「スピード買取.jp」が1位の理由

数ある出張買取店の中で「スピード買取.jp」が1位の理由を改めて5つご紹介します。

 口コミでの評価が高い!!

一番の理由は、何と言っても口コミの評価が高いということでしょう。「買い取り価格に満足」という声が多いのはもちろん、「査定員の印象が良い」という声も多数見られる点を評価しました。

 他店の買取が高い場合は全品返却!

二番目の理由としては、売却後にスピード買取より他店のほうが高いとわかった場合は全品返却してくれます。これはそれだけ高額査定に自信があるからです。

 査定後、キャンセルしても無料

もちろん出張査定は無料で、査定を聞いた後に売るのを止めたとしても出張料を請求されることがないというのも大きな理由です。

お悩み

 査定方法を選べる!!

査定方法を自分の都合に合わせて選べることもオススメの理由です。現金化を急いでいる人は「出張査定」で、最短30分で換金できます。日中時間がとれない人は「宅配買取」であれば、時間に関係なく査定ができますし、もちろん送料無料です。

 女性の査定員で安心

出張査定には女性の査定員が査定に向かうこともできます。女性の一人暮らしの方などには安心できるサービスです。

主にこれらの理由からスピード買取.jpを一番に選んでいます。この他に、査定の申込みが簡単というのも見逃せません。

名前」「電話番号」「郵便番号」「住所」「メールアドレス」を入力するだけで申し込めるので簡単なんです。他店のように入力項目だけで20とかあると嫌になりますよね。
よそのサイトのランキングでも一位に押しているのは同じ理由でしょう。

さらに詳しくスピード買取.jpがおすすめの理由を知りたい方はこちら⇒

 スピード買取に相談してみる


  京都の織物&着物紹介

 西陣織(にしじんおり)

京都府京都市の西陣地域で生産されている織物の総称。西陣は日本を代表する絹織物の生産地で、袋帯・なごや帯をはじめとする帯が有名だが、ほかにも綴、唐織、羅、錦、緞子、金蘭、御召、紬など、帯から着尺、法衣まで多様な種類が織られている。
5~6世紀頃に秦氏により伝えられた織物技術が起源であり、応仁の乱後、職人たちが西軍の陣地があった辺りに集まって織物作りを再開したことから「西陣」という地名が名付けられたといわれている。
その後の天保の改革の絹織物禁止令などで衰退していったが、明治維新後、京都府による保護育成が計られることになり、海外の先進的織物技術も定着していき、西陣は最新にして最大の絹織物産地となっていった。

 京友禅(きょうゆうぜん)

京都で生産されている友禅染のこと。加賀友禅や東京友禅とともに日本三大友禅の一つ。多色使いで優美なデザインなものが多く、金銀箔や刺繍もよく用いられているのが特徴。
隣り合う色が混じり合わないように、糸目糊で防染して模様を描き染めていく。たくさんの製作工程があり、各分野ごとに分業制で仕上げている。
辻が花染など染色技法は古くから伝わっているが、京友禅は元禄年間に扇絵師の宮崎友禅斎によって考案されたといわれている。友禅の名称は、宮崎友禅斎の名前から。
色彩豊かで絵画のように緻密な模様を着物に染める友禅染は、人々に絶大な人気を博したといわれており、全国的に広まっていった。

 京小紋(きょうこもん)

京都で型紙を用いて染められている小紋のこと。京都の型友禅を京小紋とも呼ばれている。
模様によって型紙の枚数はさまざまだが、染める色数が多かったり、模様が細かいほど型紙の枚数が増える。時には数百枚もの型紙を使用する場合も。
江戸初期頃に武士の礼装である裃に細かな模様が染められるようになってから、技術が発達したといわれている。
武士の裃として多く使われていたが町人文化の発展とともに、次第に庶民の間でも親しまれるようになっていき流行した。
渋い単色が主体だったが、友禅染の影響を受け、多彩色へと変化し絵画のような豊かな色彩をもったパターンが多く使われ、非常に華やかなデザインを持つようになった。

 京鹿の子絞(きょうかのこしぼり)

京都で生産された鹿の子絞のこと。代表的なものは、疋田絞で染め残りの四角の中に点が出るのが特徴。ほかにも一目、帽子、傘巻きなど多彩な技法があり、全体を絞りで埋めたものを総絞り、または総鹿の子とよばれる。
絞り染めの歴史は古く、平安時代には宮廷衣装の文様表現として用いられていた。
その後、多種多様な技法が考案・開発され、室町時代から江戸初期にかけては辻が花染が盛んに行われていたといわれている。
江戸中頃に京鹿の子絞りは最盛期を迎え、高級な絞り染めとして確固たる地位を築いた。
ちなみに、模様が小鹿の背の斑点に似ていることから鹿の子絞りと呼ばれ広まっていった。

 丹後縮緬(たんごちりめん)

京都府の丹後地方で生産されている絹織物。生地全面に細かい凸凹状のシボがでている織物。シボがあることにより、シワがよりにくく、しなやかな風合いに優れていることが特徴。
浜縮緬とともに縮緬の二大産地。
丹後縮緬は江戸時代の享保年間に西陣より縮緬織の技術を導入し織り始められた。その後、1730年の西陣焼けと呼ばれている火事で西陣で絹織物が品不足になったことにより、丹後に注文が殺到し縮緬の産地としての基盤ができたといわれている。

 藤布(ふじぬの)

京都府の丹後地方で生産されている織物。国の重要有形民俗文化財。万葉集にも詠まれた日本古代の織物で、藤の蔓の皮をはいで糸を作り織り上げた布。
日本では木綿や麻が普及する以前から、山野に自生する植物を原料とし布が織られていた。藤布のほかに、科布や葛布などがある。

こういった京都府特産の着物をしっかりとした知識で高く買い取ってくれるのが、今回ランキングで1位として紹介している『スピード買取.jp』です。


  京都府の着物の需要は?

iタウンページに登録されている呉服店の数から京都府での着物の需要を推定します。
京都府の呉服店の店舗数は530店(2015年)であり、これは全国では12番目にあたります。ただ、店舗数ではどうしても人口の多いところは多くなりがちですので、人口に対しての店舗の割合で着物の需要を推測してみましょう。

京都府は呉服店の数は1万人当たりで計算すると2.05店舗になります。これは全国では9番目です。

この結果から、京都府の着物の需要は全国平均から比べてとても高いほうであり、着物買取の需要も極めて高いといえるでしょう。


  京都府の着物の買取店

京都府内のオススメの着物買取店を厳選してご紹介します。

有限会社武田質店〒601-8415京都府京都市南区近鉄東寺駅上2本目角
京栄堂〒604-0915京都府京都市中京区常盤木町48-2
質にしきの〒602-8045京都府京都市上京区東堀川通下立売上る197番地
おたからや京都北山店〒606-0833京都府京都市左京区下鴨前萩町13
花茂〒601-8034京都府京都市南区東九条南河辺町51-6

  京都府の着物で行きたい名所

二条城(にじょうじょう)(京都京都市中京区)
二条城は京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある、江戸時代に造営された日本の城です。京都市街の中にある平城で、足利氏・織田氏・豊富氏によるものですが、現在観光名所となっているのは徳川氏によるものです。
二条城は紅葉の名所なので、長い歴史と壮観な景色を考えれば着物で紅葉を観に行くのにぴったりです。建物の中にはちょっとした休憩所もあり、疲れたなと思ったらそこで休憩することが出来ます。また、時期によっては近くで祇園祭などの祭りも行われていることもあり、着物を着て歩くのには絶好のスポットです。
花見小路通(京都府京都市中京区)
花見小路通は京都祇園の中心地にある石畳の通りです。 料亭やお茶屋などが点在し、最近ではリーズナブルなレストランやカフェも増えてきました。 舞妓さんや芸妓さんが歩いている姿を見かけることも多く、旅行者にも人気のスポットです。
京都と言えば誰もがイメージする、趣ある観光スポットです。 電車の駅や繁華街からも近く、着物を着て歩いて行くのにも苦になりません。 雰囲気の良いお店もたくさんあるので、着物姿で立ち寄るのとなお一層気分が盛り上がると思います。
金閣寺(京都府京都市北区)
室町時代の将軍の足利義満がこの土地を譲り受け山荘北山殿を作りました。 金閣寺が有名な為に一般的に金閣寺と呼ばれていますが、正式名称は鹿苑寺といいます。 世界文化遺産に登録されており、日本を代表する観光名所です。 国内・海外から毎年たくさんの観光客が訪れています。
京都には学生時代の修学旅行で行きましたが、その時に着物を着て歩いていた人たちが京都の町並みにピッタリ合っていて、 その時に私もいつか着物を着て京都の町を歩きたいと思いました。 春なら桜、秋なら紅葉と、着物が似合う名所だと思います。
清水寺(京都府京都市東山区)
京都市東山区にある北法相宗の大本山。平安京遷都以前からの歴史を持つ寺院。京都の文化財としてユネスコにおける世界遺産に指定されています。もともと平安中期からは真言宗も兼ねていましたが、明治中期になって法相宗になり、昭和時代に現在の北法相宗に独立した歴史を持ちます。1年を通じて世界中から訪れる多くの観光客で賑わっています。
清水寺の周りには多くの坂があり、昔からの作りの古い建物も多くとても風情があるので浴衣や着物で散策するのにはぴったりです。また清水寺を背景に着物姿で記念写真を撮るのには絶好のスポットもたくさんあるのでオススメの場所です。
京都嵐山(京都府京都市右京区)
京都嵐山は外国人観光客だけではなく、日本人観光客にも人気の名所です。特に桜や紅葉が有名で、日本さくらの名所100と日本紅葉の名所100に選ばれているほどです。渡月橋をいう大きな橋があり、その橋から見渡す山は本当に美しく、京都の四季を十分に味わうことができます。
古都である京都はどこにいても着物が馴染むのですが、その中でも私が大好きなのは嵐山の中にある竹林の道です。一本の道の両脇に数え切れない数の竹があり、その道は夏に歩くととても涼しく緑から与えられる澄んだ空気を感じることができます。その中を着物を着て歩くだけで絵になる雰囲気がたまらなく好きなので、おすすめの場所です。
建仁寺(京都府京都市東山区)
建仁寺は、あの有名な観光名所「清水寺」の近くにある、日本臨済宗を広めた栄西によって開かれた京都で最古の禅寺です。名前だけ聞くとあまり有名ではありませんが、あの伊衛門のCMに使われたこともある、風情あるお寺です。ここでは、日本の四季の美しさを存分に味わえます。その中でも、奥に見える金屏風は、あの「風神雷神図」の複製です。暗い部屋に置かれているのですが、屏風の金が輝いて、まばゆいくらいです。
建仁寺は、観光スポット近辺にもある観光名所なので人力車を利用していくことが可能です。着物を着ながら人力車を利用することで、普段とは違う雰囲気を確実に味わえ、リフレッシュすること間違いありません。建仁寺には、風情ある、枯山水の庭があり、縁側に腰掛けて写真を撮ると、ものすごく雰囲気が出る写真が撮影できます。心身共にリラックスできそうなので、ここにはぜひ着物を着て観光に訪れてみたいものです。
京都市内(京都市中京区)
この付近は昔から変わらず、観光客の方も大勢来ます。 ことさら説明する必要もないほど昔からの本当の観光地です。 他府県から来た人達も関西に来たなら京都に足を運ぶと思われます。 TVや雑誌、または外人さん向けのガイドブックなどに絶対書かれています。 中京区の名物は二条城です。 街全体が名物だらけなのでどこえ行ってもいいと思います。 是非京都にお越しやす。
もうここで説明する必要もないくらい本当に和服(着物)が似合います。 あまりにも有名なため説明もいらないと思いますが、日本の昔の風情が多く残る街です。 もし皆様がお時間がありましたら、是非京都に足をお運びください。

  着物のコラム・豆知識

夏の着物のコーディネート 京都市在住 40代女性

夏の着物のコーディネートこちらは夏の着物になります。 盛夏の7〜8月に着るとされていますが、最近は暑いので5月後半くらいから着ても大丈夫かと思います。

この着物は矢羽根と言われる柄で、初心者マークに見えますね。矢羽根はよく見られる柄で、この着物のようにはっきり見えたり生地の模様としてこっそり入っていたりします。赤、青、白のトリコロールカラーで夏にぴったりの着物ですね。

帯をどうするか悩みましたが、白を持ってくるとぼんやりとするので、ピリリと引き締めるために黒の帯をあわせています。 赤と青の帯をあわせてみたのですが、なんだか色味があわずしっくりきませんでした。

帯に着物にも使われている赤や白が入っているので、あまりごちゃごちゃとせずでもインパクトはあるコーデになっています。

着物を着初めた方は、白と黒の帯を持っているとかなり重宝すると思います。

着物を着始めた時は、どんな種類の着物や帯があるとか合わせ方も全くわからず可愛いなと思っては買うも手持ちの着物には合わないから着られないというのがたくさんありました… 最近は着物をスマホの写真に撮って、購入する時の参考にしています。 衝動買いする時も多々ありますが…

最近はリサイクルショップや、蚤の市でも帯や着物がたくさん売られています。 何万円もする高いものもありますが、500円位からでも可愛い物はたくさんあります。 古着に抵抗がなければ、お買い物のついでに覗いてみると掘り出し物が見つかるかもしれません。

  着物の思い出

京都市在住 30代女性 着物好きに囲まれ5年目の女性
IMGP8540

京都で生活する中で、自然と目に入ってくる着物に目が行くようになりました。

20代最初の頃までは、自分で着ようという気持ちにはあまりなりませんでしたが、なんとなく京都にいるんだし、一回着てみようかなと思ったのが着物好きの始まりです。

とはいえ、最初は自分で着ることもできなかったので、レンタルで遊ぶ程度でした。
ところがその話を職場でしたら、実はその方がとっても着物好きで、頻繁に着ているということが分かりました。

お互い、職場では仕事以外の話をしなかったので、共通の趣味があることにびっくり。
そして、その方が普段着に着られるような着物を持っていない私にくださったのが、この紅型の小紋です。

高価なものだしと恐縮している私に、「着物も着てくれる人がいてこそ。そうやってよみがえるのよ」と言ってくださいました。

大正の頃、おばあさまが着ていた小紋だそうです。正絹で、とっても軽くて肌馴染みがよく、小柄な私には寸法すらピッタリ。今では「レトロ」と言われる雰囲気の柄かもしれませんが、私にとってはその当時とても「粋」に見えました。

色々古着を買ったりもしましたが、やっぱりこの着物が一番、着やすくてしっくりとくる着物です。私にとって、とても大切な着物になりました。

  京都府で着物や帯の買取実績

  • 本場大島紬や牛首紬が全て未使用でこの価格
    買取価格:99,000円
  • 京都千總の黒留袖やぜんまい紬が複数枚で
    買取価格:98,000円
  • 龍村と佐波理の帯2点が驚きの価格に!
    買取価格:100,000円
  • 「柿本市郎」本加賀友禅含む数枚がなんと!
    買取価格:150,000円
  • 作家物複数でこの値段!
    買取価格:218,000円
  • 本場大島紬や上質な訪問着など希少品多数で
    買取価格:145,000円

  京都府内の『着物買取』のエリア紹介

  • 南丹市
  • 木津川市
  • 八幡市
  • 福知山市
  • 京田辺市
  • 綾部市
  • 京丹後市
  • 宇治市
  • 亀岡市
  • 向日市
  • 舞鶴市
  • 京都市
  • 城陽市
  • 宮津市
  • 長岡京市

 京都府で着物を高く買取るお店はこちらでチェック!