東京都で着物を一番高く売りたい方へ!

東京都で着物を一番高く買ってくれるお店を探している方、じつは 近隣のお店では着物は高く売れません。 お店へ持ち込むよりも、インターネットのお店のほうが高く買ってくれます。

着物の買取が一番高いお店はこちら  

なぜ東京都内のお店で着物を売っても高くないのか?ご説明しましょう。


 なぜ着物買取は安い?

びっくり

まず知っていただきたいのですが、一般的に着物は買うときは数十万、売るときは1〜2万といわれているように元々が高く売れません。これは新品同様の物や新古品の場合で、です。

もちろん、有名作家さんの作品や希少な着物は別ですが、一般の着物の買い取りは需要が年々減っているためとにかく安いのです。

さらに、着物のクリーニング代が2・3万円もかかるため、シミや汚れがあると値段がつかないこともありますし、逆に処分料を取られる場合もあるのです。

30万で買った成人式の振袖が少し汚れただけで、買取1200円ということも珍しくありません。

※信じられないかもしれませんが、Yahoo知恵袋などで『着物 買取』で検索してみてください。 まったく同じような内容がいくつも見つかります。

なぜこんなに着物の買取は安いのか? 詳しくは『知ってますか? 着物の買取が安い理由』をご覧ください。

 

 じつは着物を高く買ってくれるところがあります!

お悩み お悩み

東京都内の質屋やリサイクルショップでは、せっかく着物や反物を持ち込んでも高く売れません。

帯や小物にいたっては値段がつかないことも多いでしょう。

でも、じつは高く買ってくれるところがあります。

 それがネットの着物買取店です!

東京都のお店に比べ、ネットの着物の買取店のほうが着物人口(着物の需要)や管理コストが安いなどの理由で、高額で買い取ってくれるのです。

もちろん、和服の買取が高いだけでなく帯や小物などもしっかり買い取ってくれます。

買取比較1

なぜリサイクル店への持ち込みよりインターネット経由のほうが高いのか?
詳しくは『ネットでの着物の買取が高い理由』をご覧ください。

 

 どこがオススメ? ネットの買取サイト

インターネットでの買取は高いとご紹介しましたが、もちろんすべてのインターネットの買取店が高いわけではありません査定や送料が有料だったり、正式な着物の鑑定人がいないため思っていたより高く売れないこともあります。

また買取価格以前に、悪質だったり、評判の悪いお店もあります。

できるだけ高く安心して着物を売りたい!

そんな方のために口コミサイトで評価が高い、着物買取のお店を調べましたのでご紹介します。

※各種レビューや口コミ、yahoo知恵袋などでの評判と、独自アンケートを取った結果を元に集計しています。
※着物買取の体験者100名にアンケートを取った結果が気になる方はこちらの集計結果をご覧ください。

  着物買取ランキング! ネットで評価が高いお店!

icon-ranking1-1着物の買取【スピード買取.jp】

テレビCMでおなじみの業界でもトップシェアクラスの高価買取店。名前どおりのスピード感で最短30分の出張買取と買い取り査定が高いのが魅力。だからこそネット買取で一番選ばれています。

満足価格!着物の買取【スピード買取.jp】
オススメ度:icon-star5-5

 汚れた着物や古い着物、反物も高く買取る!
 相談無料!安心の無料査定!
 最短30分で出張買取!女性の査定員も指名できる
 女性の一人暮らしなら宅配買取も便利!
 もちんろんキャンセル料も無料!
 査定申し込みの項目が少なくて簡単!
 24時間 査定申し込み受け付け中!

 他店の買取が高かった場合は全額返却!

下記のボタンより無料査定をお申し込みください↓

着物買取2位買取プレミアム

和服を高く売るなら【買取プレミアム】
オススメ度:icon-star5-3

 帯や小物なども高額買取!大量の買取ならさらに高額に!
 相談無料!安心の無料査定!キャンセル料も無料!
 メールにて24時間 査定申し込み受け付け中!


買取の詳細をみる  

査定(無料)の問い合わせ  

icon-ranking1-2ザ・ゴールド

着物買取なら【ザ・ゴールド】  
オススメ度:icon-star5-4

 査定料・出張料・キャンセル料などすべて無料
 全国79店舗の直営店があり、店頭買取も可能!
 女性スタッフが多く、女性やシニアの方でも安心
 売却後のご相談、クーリングオフ制度も万全


買取の詳細をみる  

査定(無料)の問い合わせ  

 「スピード買取.jp」が1位の理由

数ある出張買取店の中で「スピード買取.jp」が1位の理由を改めて5つご紹介します。

 口コミでの評価が高い!!

一番の理由は、何と言っても口コミの評価が高いということでしょう。「買い取り価格に満足」という声が多いのはもちろん、「査定員の印象が良い」という声も多数見られる点を評価しました。

 他店の買取が高い場合は全品返却!

二番目の理由としては、売却後にスピード買取より他店のほうが高いとわかった場合は全品返却してくれます。これはそれだけ高額査定に自信があるからです。

 査定後、キャンセルしても無料

もちろん出張査定は無料で、査定を聞いた後に売るのを止めたとしても出張料を請求されることがないというのも大きな理由です。

お悩み

 査定方法を選べる!!

査定方法を自分の都合に合わせて選べることもオススメの理由です。現金化を急いでいる人は「出張査定」で、最短30分で換金できます。日中時間がとれない人は「宅配買取」であれば、時間に関係なく査定ができますし、もちろん送料無料です。

 女性の査定員で安心

出張査定には女性の査定員が査定に向かうこともできます。女性の一人暮らしの方などには安心できるサービスです。

主にこれらの理由からスピード買取.jpを一番に選んでいます。この他に、査定の申込みが簡単というのも見逃せません。

名前」「電話番号」「郵便番号」「住所」「メールアドレス」を入力するだけで申し込めるので簡単なんです。他店のように入力項目だけで20とかあると嫌になりますよね。
よそのサイトのランキングでも一位に押しているのは同じ理由でしょう。

さらに詳しくスピード買取.jpがおすすめの理由を知りたい方はこちら⇒

 スピード買取に相談してみる


  東京の織物&着物紹介

 東京友禅(とうきょうゆうぜん)

東京で染められている友禅染。京友禅や加賀友禅とともに日本三大友禅の一つとされ、江戸友禅とも呼ばれる。
多色多彩で華やかな京友禅に対して、渋く抑えた色調や、粋やモダンさのある意匠が特徴的。
友禅の技法は京都や加賀と同じだが、京友禅と異なる点は染めの製作工程にある。
京都のように分業制をとらず、構想図案、下絵、友禅挿し、仕上げに至るまでの工程が模様師とよばれる技術者を中心に一貫作業で行われている。
江戸に居た職人らが移り住んできた大名のお抱え絵師らに技術を学び、成熟させたのが東京友禅の始まりとも、桂昌院によばれた京都の友禅職人が考案したともいわれる。
江戸は武家中心の文化だったことにより、柄や色合いが渋く落ち着いた雰囲気のものが根付いたといわれている。

 東京染小紋(とうきょうそめこもん)

東京で染められている型染の小紋のこと。代表的なものは小さな柄を一色で細かく染めた江戸小紋。
江戸初期頃に、武士の礼装である裃に細かな模様が染められるようになってから技術が発達した。
江戸には諸大名の江戸屋敷が置かれた為、武士階級の人が増え、小紋の需要も多くなった。
大名家によって独自の文様があり、紀州家は「鮫小紋」、武田家は「武田菱」というように、小紋の文様を見れば、どこの大名家の家臣かがわかったといわれている。
一方、江戸時代には贅沢を取り締まる奢侈禁止令がたびたび発令され、生活の細かいところまで規制されていた。
厳しい規制の中で、遠くから見たら無地に見えるように文様を細かくしたり、また、密かにお洒落を楽しむ人たちも増え、新しい柄が次々と生み出されていったといわれている。

 黄八丈(きはちじょう)

東京都八丈島で古くから織られてきた手織りの絹織物。
光沢のあるしなやかな地と鮮やかな黄色が特徴的で、糸は紬糸ではなく生糸を使う。織りは手織り機による平織か綾織で、模様の多くは縞か格子。
基本の色は黄、茶、黒の三色あり、地色を黄色にすると黄八丈で、茶色なら鳶八丈、黒だと黒八丈とよぶ。媒染や糸の組み合わせ、織り方で多様な色を表現できる。
八丈島では、いつから絹織物が織り始められたかは明らかではなく、都からの流人によって絹織物の技術が伝えられたといわれている。
最初に文献に出てくるのは、室町時代で、貢納品として絹織物が納められていたことがわかっている。
江戸前期に、黄八丈を手にすることができたのは、将軍家や大名、御殿女中、豪商などの一部の人々に限られていた。
江戸後期には、粋な着物として親しまれ広く普及し、歌舞伎の衣裳に用いられたことにより、黄八丈の人気が急激に高まった。

 村山大島紬(むらやまおおしまつむぎ)

東京都武蔵村山市で生産されている絹織物。東京都無形文化財。地色は青みがかった灰色で、藍や独特の赤を用いたモダンなデザインが特徴。
文様の彫刻を施した木の板を用いて意匠を染める板締の技法が用いられ、経糸と緯糸、地糸と絣糸を別々に染色した上で、高機による手織りで織り上げる。
1920年頃に、群馬県の伊勢崎地方から板締染色の技術が伝えられたのをきっかけに、村山大島紬の生産が始まったといわれている。
大島という名称がついているが、大島紬をまねて作られたのではなく、大島紬が本絹糸を用いるようになって流通するようになった際、それに類似したものとして大島の名が使われ広まっていったという。

 多摩織(たまおり)

東京都八王子市、あきる野市で生産されている絹織物。多摩織とは、御召織・風通織・紬織・綟り織・変り綴織の5つの織物の総称。
多摩織の生産工程の特色は分業にある。織物業・意匠紋紙業・糸染業・糊付業・整経業・絣加工業・捺染加工業・撚糸業・機拵業・整理加工業といった工程ごとに分化し専門化した職人が多摩織独特の渋い味わいを作り出している。
この地域は、桑の都とも呼ばれるほど、古くから養蚕が盛んで、平安時代には、絹織物が織られていたという記録が残っている。
室町後期に、北条氏により、産業として奨励されたことで産地としての基盤が確立した。

 御召織(おめしおり)

表面を覆う細かいシボが特徴の織物。
東京都八王子市、あきる野市で生産されている絹織物で多摩織の総称もある。

 風通織(ふうつうおり)

織地が二枚重ねになって模様を表現する織物。
東京都八王子市、あきる野市で生産されている絹織物で多摩織の総称もある。

 紬織(つむぎおり)

微妙な凹凸から生まれる風合が特徴の織物。
東京都八王子市、あきる野市で生産されている絹織物で多摩織の総称もある。

 綟り織(もじりおり)

経糸どうしが搦みながら緯糸と組んで、糸と糸の間に隙間のある織物。
東京都八王子市、あきる野市で生産されている絹織物で多摩織の総称もある。

 変り綴織(かわりつづれおり)

綴織とも呼ばれる朱子織の変化した織物。
東京都八王子市、あきる野市で生産されている絹織物で多摩織の総称もある。

 長板中形(ながいたちゅうがた)

長板本染中形や江戸中形とも呼ばれる。
江戸中頃に生まれた染色技術で主に浴衣に用いられる。

こういった東京都特産の着物をしっかりとした知識で高く買い取ってくれるのが、今回ランキングで1位として紹介している『スピード買取.jp』です。


  東京都の着物の需要は?

iタウンページに登録されている呉服店の数から東京都での着物の需要を推定します。
東京都の呉服店の店舗数は920店(2015年)であり、これは全国では43番目にあたります。ただ、店舗数ではどうしても人口の多いところは多くなりがちですので、人口に対しての店舗の割合で着物の需要を推測してみましょう。

東京都は呉服店の数は1万人当たりで計算すると0.69店舗になります。これは全国では1番目です。

この結果から、東京都の着物の需要は全国平均から比べてもっとも高く、この結果からも着物の需要は全国一高いといえるでしょう。


  東京都の着物の買取店

東京都内のオススメの着物買取店を厳選してご紹介します。

株式会社マルヨ〒170-0004東京都豊島区北大塚2丁目31-2
アート熊野堂青山店〒107-0062東京都港区南青山2丁目2-15
着物・おりべ〒150-0001東京都渋谷区神宮前1丁目10-31
着物ライフすみや〒186-0003東京都国立市富士見台1丁目26-26
特選着物買取きものおおば〒103-0004東京都中央区東日本橋3丁目6-6

  東京都の着物で行きたい名所

日本橋(東京都中央区)
東京都中央区の日本橋川に架かる国道の橋。日本の道路元標があり、日本の道路網の始点となっています。 また、橋だけではなく日本橋エリア全体が古き良き時代と現代の建物が融合しており日本の中心にいながら昔懐かしの時代を感じることができます。
日本橋では、夏になると大規模な金魚の祭典が開催されているほか、金魚すくいなどのイベントも開催されており、着物で参加するにはピッタリです。また、毎年日本橋を涼しくしようで打ち水も開催されており、毎年100人程の着物を着た女性が集まります。
浅草寺(東京都台東区)
浅草は下谷・本所・深川と並ぶ、東京下町の外郭をなします。その中にある浅草寺は、東京都台東区浅草二丁目にある、東京都内最古の寺です、山号は金龍山、本尊は聖観音菩薩といいます。毎日多くの観光客が訪れる観光名所の一つとなっています。
浅草寺は洋服よりも着物で行くのが似合う所です。浅草寺の入り口から入って仲見世通りをゆっくりと歩きながら、現代にいることを忘れるような昔の風情を感じることができます。また、夏には近くで隅田川花火大会も開催され、着物で行きたい観光名所の一つだと思います。
下町 浅草(東京台東区)
『浅草』といえば東京の下町観光では外せない場所です。 浅草といえば雷門がある浅草寺が有名ですが、その浅草寺に続く仲見世通りは昔ながらの日本が感じられて海外から来た観光客にも大人気です。 仲見世通りは意外と美味しいものがたくさんあって食べ歩きがオススメです。
浅草は春になると隅田川の桜、秋には紅葉がとても綺麗でキレイに咲いた花の下を着物を着て歩くなんてとても素敵な事だなぁと思います。 また、スカイツリーもキレイに全体が見てたり、仲見世通りは人形焼やおせんべい、芋ようかん、揚げまんじゅうと美味しいものがたくさんあって着物を着て食べ歩きってのもいいなぁと思います。
浅草、雷門(東京都台東区)
雷門は、東京都浅草寺にある、山門です。正式の名所は風神雷神門だったり、ちょうちんにも風雷神門と略されていたりします。門に向かって、右側に風神、左側に雷神が配される、赤く色付かれた山門であるり、門の中央には、重さ700Kg程度のちょうちんが吊りさげられていて、浅草を象徴する観光スポットになっています。
浅草自体、東京の代表的な観光スポットの一つですし、雷門はとても日本らしい風景だと思います。夏頃には隅田川の花火大会もあるので、着物を着て花火でも観ながら訪れてみれば、日本らしい文化に囲まれている気分になれそうです。
浜離宮恩賜庭園(東京都中央区)
東京汐留にある浜離宮恩賜庭園は現在、国の特別史跡・特別名勝に指定されています。 三方が海で囲まれ潮入池には海水が引き込まれてたそうですが現在は淡水の池です。 江戸時代の大名庭園の情景が残っていて明治には皇室宴遊の場になりました。 その後一般に開放され四季折々の庭園風景を拝覧出来るようになりました。
浜離宮恩賜庭園は緑豊かな日本庭園で四季折々の花々も彩り豊かな風景が楽しめます。 庭園を背景に着物を着て写真を撮るにはこの上ない場所だと思います。 伝統文化茶の湯に気軽に参加も出来るそうなので着物を着て出かけるのもいいものです。

  着物のコラム・豆知識

ウールの着物の着こなし 練馬区在住 30代女性

四葉の柄のウールの着物こちらは緑の生地に四つ葉のような模様が入ったウールの着物になります。

ウールの着物は、季節的に夏以外着られる普段着の着物です。着物の種類としては小紋で、もっともカジュアルな着物になります。 洋服で言うと長袖のシャツにデニム位の季節感でしょうか。 寒くなるとこれに羽織を着たり、中にババシャツやスパッツ等を着込みます。最近は、和洋折衷なコーディネートもあるので普段履いているショートブーツと合わせたりショール等と合わせたりしてもいいでしょう。

帯の合わせ方としては、一番オーソドックスな方法として着物の中から1色選ぶという方法があり以前はオレンジの帯を合わせていましたが、こちらの写真では黒と合わせて、虎の黄色とリンクさせています。 合わせている帯は半幅帯と言って、浴衣を着る時にも使う帯です。 着物を着る機会がない方には作り帯と言って、形がリボンに作ってある帯を買われる方もいらっしゃると思います。 着せる方としては、帯も色々な結び方が出来るので出来れば普通の帯を買われるのをおすすめ致します。 YouTube等でもたくさん動画が出ていて、自分でも練習すると結べるようになりますよ。

みなさん、着物に対して値段が高いとか格式が高いってイメージがあると思うのですが… こちらの着物はワゴンセールしてあるカゴの中から見つけて千円でした。 今ではリサイクルショップや百貨店のイベントなどでもわりとお手頃な価格で出ているので、手が出しやすいと思います。 着てみたいなと思ってる方はお近くのリサイクルショップを探してお宝見つけに行ってみませんか?

  着物の思い出

世田谷在住 20代女性 Mさん

1460079241020私の祖母は2009年1月に他界しました。晩年は闘病とリハビリに苦しんでいましたが、大病を患う前はとても活動的で気が強く、手先が器用で裁縫や料理を趣味にしていました。

この着物は祖母が他界した時、遺品の整理をしていた時に母から渡されたものです。

風車模様の厚手の着物と、それと同じ柄の羽織のアンサンブルです。「良い反物を貰ったから」と、私の為に縫ってくれていたのです。「もしかしたら着ないかもしれないけれど、一着あれば便利な時があるかもしれない」と、当時小学生だった私の為に一針一針を手縫いしてくれたのです。袖や丈には小学生の私に合わせずに、敢えて母に合わせて作ったのだと母から聞きました。身長が伸びても着れられるようにという祖母の優しさに、胸が熱くなりました。

祖母の生前に私はこの着物を着せて見せてあげることができませんでした。受け取ったのも、お通夜の前日でした。

受け取った後、忙しい母に無理を言って着付けてもらいました。棺に入っていた祖母に見てもらうことはできませんでしたが、冬でも温かく、羽織があればそのまま外出できるくらいしっかりした物です。

たまには和服を着てみようかという日に取り出し、袖を通してみると微かに祖母が隣で見てくれているようなとても誇らしい気持ちになります。

 

  東京都で着物や帯の買取実績

  • 希少な人間国宝、北村武資の帯がこの価格!
    買取価格:230,000円
  • 本場大島紬や上質な訪問着など希少品多数で
    買取価格:145,000円
  • 絞り、染めなどの訪問着。全て作家物なら
    買取価格:184,000円
  • 「柿本市郎」本加賀友禅含む数枚がなんと!
    買取価格:150,000円
  • 複数の着物・帯セットや希少な牛首紬等が
    買取価格:125,000円
  • 羽田登喜男の極上品等複数枚が驚きの値段に
    買取価格:117,000円

  東京都内の『着物買取』のエリア紹介

  • あきる野市
  • 八王子市
  • 町田市
  • 府中市
  • 小平市
  • 中野区
  • 調布市
  • 多摩市
  • 羽村市
  • 豊島区
  • 大田区
  • 目黒区
  • 稲城市
  • 練馬区
  • 港区
  • 西東京市
  • 武蔵村山市
  • 北区
  • 中央区
  • 江東区
  • 狛江市
  • 武蔵野市
  • 東久留米市
  • 渋谷区
  • 立川市
  • 世田谷区
  • 文京区
  • 品川区
  • 福生市
  • 日野市
  • 国立市
  • 青梅市
  • 台東区
  • 昭島市
  • 板橋区
  • 新宿区
  • 墨田区
  • 杉並区
  • 荒川区
  • 足立区
  • 江戸川区
  • 清瀬市
  • 葛飾区
  • 東村山市
  • 東大和市
  • 千代田区
  • 小金井市
  • 国分寺市
  • 三鷹市

 東京都で着物を高く買取るお店はこちらでチェック!