紺系のウールの着物のリメイクコーデ。
普段着にかっこよさを!

こんにちは、着付け師の『千葉』です。

親戚家族知人から譲り受ける着物達…
頂いた中身はあなたにとって派手すぎますか?地味すぎますか?

地味だから、まだ着ない?
派手だから、もう着れない?

いいえ!

アレンジ次第で全く雰囲気が変わります!

要は自分好みの雰囲気に、コーディネートを持っていけば良いのです。

今回は、普段着にもカッコよさを!
そんなコーディネートにしてみました!

今回はこちらの着物。
もとは大正生まれの祖母のウールの着物です。

この手のウールは一家に一枚あるのでは?と思うほど、よく見かける紺系のウールの着物です。

リサイクルショップでも似たような着物にお目にかかりますよね。

ウールは長年保管されていた間に、虫に食われてしまうものもあります。
着用前に穴がないか要チェックです!

ウールの着物は正絹の小紋よりももっと普段着向きかなと思いますので、今回は半幅帯で合わせてみます。

寒い時期にウールの着物は重宝しますが、極寒の日には薄手のタートルニットを中に着てみるのはいかがでしょう?首が暖かいですよ!

もちろん、襦袢は無しです。
今回は寒色系でまとめたので、素材だけでも暖かいものを。と思い、帯飾りとして帯揚げの位置に細めのニットマフラーを巻いています。

明るいブルー(ラメ入り)のマフラーですから少し華やかになりますよね♪

このマフラーは長さがあるので背中でリボンにして、帯結びをさらに華やかに彩ることができます。
もちろん、余分は帯の中に仕舞っても良いと思います。

半幅帯がグレーの単色ですから、今回はもう1つ、飾りで革ベルトを巻いてみました。

半幅帯なので背中の帯結びを固定する必要はなく、ホントにただの飾りです。
でもエッジが効いてオシャレ度がアップしてます♪

この組み合わせなら着物を短めに着て、革のベルトに合わせて革のブーツなんていかがでしょうか?

さらに手首にシュシュなんぞ付けておきますと、いっそう可愛らしさが増します。

写真はありませんが、さらに革手袋をセレクトしますと、帯・手元・足元が統一され、冬のコーデとしては防寒にもなって一石二鳥ですね!

このように普通の紺の地味なウールの着物でも洋装アイテムで飾り付けをしてみると、雰囲気が変わって面白いですよ。

似たような着物がありましたら、ぜひこのコーデを試してみてくださいね♪

着付け師の千葉でした。

13267699_602064289953098_7652738551305127054_n

記事投稿者

KIMONO CLUB BLA’N’RED
着付師 千葉真実 ちば まみ Facebook→https://m.facebook.com/blanred/
Instagram→mami.c_bla.n.red