新潟県で着物を一番高く売りたい方へ!

新潟県で着物を一番高く買ってくれるお店を探している方、じつは 近隣のお店では着物は高く売れません。 お店へ持ち込むよりも、インターネットのお店のほうが高く買ってくれます。

 一番着物の買取が高いインターネットのお店はこちら

なぜ新潟県内のお店で着物を売っても高くないのか?ご説明しましょう。


 なぜ着物買取は安い?

びっくり

まず知っていただきたいのですが、一般的に着物は買うときは数十万、売るときは1〜2万といわれているように元々が高く売れません。これは新品同様の物や新古品の場合で、です。

もちろん、有名作家さんの作品や希少な着物は別ですが、一般の着物の買い取りは需要が年々減っているためとにかく安いのです。

さらに、着物のクリーニング代が2・3万円もかかるため、シミや汚れがあると値段がつかないこともありますし、逆に処分料を取られる場合もあるのです。

30万で買った成人式の振袖が少し汚れただけで、買取1200円ということも珍しくありません。

※信じられないかもしれませんが、Yahoo知恵袋などで『着物 買取』で検索してみてください。 まったく同じような内容がいくつも見つかります。

なぜこんなに着物の買取は安いのか? 詳しくは『知ってますか? 着物の買取が安い理由』をご覧ください。

 

 じつは着物を高く買ってくれるところがあります!

お悩み お悩み

新潟県内の質屋やリサイクルショップでは、せっかく着物や反物を持ち込んでも高く売れません。

帯や小物にいたっては値段がつかないことも多いでしょう。

でも、じつは高く買ってくれるところがあります。

 それがネットの着物買取店です!

新潟県のお店に比べ、ネットの着物の買取店のほうが着物人口(着物の需要)や管理コストが安いなどの理由で、高額で買い取ってくれるのです。

もちろん、和服の買取が高いだけでなく帯や小物などもしっかり買い取ってくれます。

買取比較1

なぜリサイクル店への持ち込みよりインターネット経由のほうが高いのか?
詳しくは『ネットでの着物の買取が高い理由』をご覧ください。

 

 どこがオススメ? ネットの買取サイト

インターネットでの買取は高いとご紹介しましたが、もちろんすべてのインターネットの買取店が高いわけではありません査定や送料が有料だったり、正式な着物の鑑定人がいないため思っていたより高く売れないこともあります。

また買取価格以前に、悪質だったり、評判の悪いお店もあります。

できるだけ高く安心して着物を売りたい!

そんな方のために口コミサイトで評価が高い、着物買取のお店を調べましたのでご紹介します。

※各種レビューや口コミ、yahoo知恵袋などでの評判と、独自アンケートを取った結果を元に集計しています。
※着物買取の体験者100名にアンケートを取った結果が気になる方はこちらの集計結果をご覧ください。

  着物買取ランキング! ネットで評価が高いお店!

icon-ranking1-1着物の買取【スピード買取.jp】

テレビCMでおなじみの業界でもトップシェアクラスの高価買取店。名前どおりのスピード感で最短30分の出張買取と買い取り査定が高いのが魅力。だからこそネット買取で一番選ばれています。

満足価格!着物の買取【スピード買取.jp】
オススメ度:icon-star5-5

 汚れた着物や古い着物、反物も高く買取る!
 相談無料!安心の無料査定!
 最短30分で出張買取!女性の査定員も指名できる
 女性の一人暮らしなら宅配買取も便利!
 もちんろんキャンセル料も無料!
 査定申し込みの項目が少なくて簡単!
 24時間 査定申し込み受け付け中!

 他店の買取が高かった場合は全額返却!

下記のボタンより無料査定をお申し込みください↓

 買取の詳細をみる

 無料査定の問い合わせ

着物買取2位買取プレミアム

和服を高く売るなら【買取プレミアム】
オススメ度:icon-star5-3

 帯や小物なども高額買取!大量の買取ならさらに高額に!
 相談無料!安心の無料査定!キャンセル料も無料!
 メールにて24時間 査定申し込み受け付け中!


 買取の詳細をみる

 無料査定の問い合わせ

icon-ranking1-2ヤマトク

着物売るならヤマトクへ  
オススメ度:icon-star5-4

 お着物関連品であれば基本的に【なんでも】買い取り
 着物専門の鑑定士が一転一転しっかり査定
 独自のデータに基づき買取金額を決定しているため【高価買取】
 査定に納得なら即日振込み
 査定無料!送料無料!


 買取の詳細をみる

 無料査定の問い合わせ

 「スピード買取.jp」が1位の理由

数ある出張買取店の中で「スピード買取.jp」が1位の理由を改めて5つご紹介します。

 口コミでの評価が高い!!

一番の理由は、何と言っても口コミの評価が高いということでしょう。「買い取り価格に満足」という声が多いのはもちろん、「査定員の印象が良い」という声も多数見られる点を評価しました。

 他店の買取が高い場合は全品返却!

二番目の理由としては、売却後にスピード買取より他店のほうが高いとわかった場合は全品返却してくれます。これはそれだけ高額査定に自信があるからです。

 査定後、キャンセルしても無料

もちろん出張査定は無料で、査定を聞いた後に売るのを止めたとしても出張料を請求されることがないというのも大きな理由です。

お悩み

 査定方法を選べる!!

査定方法を自分の都合に合わせて選べることもオススメの理由です。現金化を急いでいる人は「出張査定」で、最短30分で換金できます。日中時間がとれない人は「宅配買取」であれば、時間に関係なく査定ができますし、もちろん送料無料です。

 女性の査定員で安心

出張査定には女性の査定員が査定に向かうこともできます。女性の一人暮らしの方などには安心できるサービスです。

主にこれらの理由からスピード買取.jpを一番に選んでいます。この他に、査定の申込みが簡単というのも見逃せません。

名前」「電話番号」「郵便番号」「住所」「メールアドレス」を入力するだけで申し込めるので簡単なんです。他店のように入力項目だけで20とかあると嫌になりますよね。
よそのサイトのランキングでも一位に押しているのは同じ理由でしょう。

さらに詳しくスピード買取.jpがおすすめの理由を知りたい方はこちら⇒

 スピード買取に相談してみる


  新潟の織物&着物紹介

 十日町絣(とおかまちがすり)

新潟県十日町市を中心に生産されている先染の絹織物。十日町紬ともよばれる。繊細で緻密な柄が特徴で、気軽な外出着として人気。
19世紀中頃、現在は小千谷縮と呼ばれている越後縮の絣技術が絹織物に応用されるようになり、十日町絣が織られるようになったといわれている。

 十日町明石縮(とおかまちあかしちぢみ)

新潟県十日町市で生産されている夏用の絹縮。セミの羽に例えられるほど薄地で張りのある布地で、清涼感のある肌触りが特徴。
文政年間に宮本茂十郎によって確立された絹縮や十日町透綾と呼ばれていた技法が起源。そして19世紀末頃、京都の西陣より伝わった明石縮の技術を絹縮や十日町透綾と呼ばれていた技法に応用し、十日町明石縮が織られるようになった。

 十日町友禅(とおかまちゆうぜん)

新潟県の十日町地方で染められている友禅染のこと。昭和30年代に京都の友禅染の技術を導入したのが始まり。

 小千谷縮(おぢやちぢみ)

新潟県小千谷地方周辺で生産されている麻縮。色柄が豊富で地風が爽やかなことと、シボとよばれる布面の波状の凸凹が特徴。
夏の気軽な外出着として人気。
江戸初期に明石藩の藩士だった堀次郎将俊が浪人として小千谷地方に身を寄せ、明石縮の技法を越後上布に応用し、改良を加えて完成させたといわれている。当時は越後縮と呼ばれていた。

 小千谷紬(おぢやつむぎ)

新潟県小千谷地方周辺で生産されている紬の総称。江戸中頃に小千谷縮の技法を絹の糸に応用したのが起源だといわれている。
当時は自家用に織られており本格的に生産されておらず、小千谷縮の存在に隠れていたが、昭和初期に凄惨が本格化し現在の製法の基礎が完成した。

 越後上布(えちごじょうふ)

新潟県南魚沼市に古くから伝わる平織の麻織物。麻織物の最上級品として有名。柄は絣や縞が主で、ごく薄手でシャリ感のある地風が特徴。
技法のひとつに「雪晒し」という越後上布独特のものがあり、色目が落ち着き、白はより白くなる効果がある。
越後国の麻織物の歴史は古く、縄文時代から麻織物が織られていたといわれている。
平安時代の三代格式の一つである延喜式の中に、朝廷に越後の布を納めていたことが分かる記録が残っており、奈良の正倉院には「越布」として今も保存されている。
越後上布の古来からの技法は国の重要無形文化財。

 塩沢紬(しおざわつむぎ)

新潟県南魚沼市周辺で生産されている絹織物。細かい絣模様が特徴的。
古くから織られている麻織物である越後上布の技術を絹織物に取り入れ、明和年間から織られるようになった。
名前が似ているが、塩沢御召とも呼ばれている本塩沢とは別のもの。

 本塩沢(ほんしおざわ)

新潟県南魚沼市周辺で生産されている御召。塩沢御召とも呼ばれている。針の先で描いたような細かく鋭い模様と細かなシボが特徴。
江戸中頃から織られるようになった絹縮が起源といわれている。絹縮とは、現在は小千谷縮と呼ばれている越後縮のようなシボがある麻織物の技術を絹織物に応用したもの。

 五泉平(ごせんひら)

新潟県五泉市で生産されている精好織りの絹地。主に袴地に利用されている。
五泉の絹織物の歴史は古く、江戸時代には葛織という袴地が織られていた。
五泉平の起源については諸説あり、葛織に改良を加えたことにより天明年間に完成したという説や、精好仙台平の技術が導入されたことにより完成したという説などがある。

 加茂木綿(かももめん)

新潟県加茂市で生産されている木綿。
江戸時代から織られ始めたそうで大正末頃が最盛期だった。

 片貝木綿(かたかいもめん)

新潟県小千谷市片貝町で生産されている木綿。さらりとした着心地で、着れば着るほど柔らかくなり、肌に馴染んでくるのが特徴的。
片貝木綿は、柳宗悦が提唱した民芸運動の一環として、昭和20年代に誕生した。

 栃尾紬(とちおつむぎ)

新潟県長岡市の栃尾地区で生産されている絹織物。一見すると綿織物のようだが、絹特有の光沢があり、しぶく目立たないのが特徴的。
栃尾地区の織物の歴史は古く、垂仁天皇の皇子が国造となった時代頃から織られ始めたといわれている。

 山辺里織(さべりおり)

新潟県村上市山辺里で生産されていた織物。さわやかで、しゃっきりとした風合いが特徴。
文化年間から織られており、村上藩により奨励され発展していったため、村上平や村上縞と呼ばれた。
1876年に山辺里織と名付けられ、日本だけでなく海外にまで輸出されるほど盛んに生産されていた。

 科布(しなふ / しなぬの)

繊維で織られており、日本の古代織物のひとつ。しなの木の繊維で織られている布。
縄文時代頃には織られていたといわれており、平安時代の三代格式の一つである延喜式の中には、朝廷に科布を納めていたことが分かる記録が残っている。
明治時代に一旦生産が途絶えたが、現在、新潟県と山形県の羽越国境で織り継がれている。

こういった新潟県特産の着物をしっかりとした知識で高く買い取ってくれるのが、今回ランキングで1位として紹介している『スピード買取.jp』です。


  新潟県の着物の需要は?

iタウンページに登録されている呉服店の数から新潟県での着物の需要を推定します。
新潟県の呉服店の店舗数は614店(2015年)であり、これは全国では6番目にあたります。ただ、店舗数ではどうしても人口の多いところは多くなりがちですので、人口に対しての店舗の割合で着物の需要を推測してみましょう。

新潟県は呉服店の数は1万人当たりで計算すると2.63店舗になります。これは全国では6番目です。

この結果から、新潟県の着物の需要は全国平均から比べてとても高いほうであり、着物買取の需要も極めて高いといえるでしょう。


  新潟県の着物の買取店

新潟県内のオススメの着物買取店を厳選してご紹介します。

備前屋礎町店〒951-8055新潟県新潟市中央区礎町通2ノ町2147
リサイクル西堀〒951-8061新潟県新潟市中央区西堀通5番町832-1
着物リサイクルショップ〒951-8065新潟県新潟市中央区東堀通4番町457
古今処留都木庵〒945-1102新潟県柏崎市向陽町1279-102
オフハウス 長岡川崎店〒940-0867新潟県長岡市豊1-631-1

  新潟県の着物で行きたい名所

長岡花火(新潟県長岡市)
長岡花火は新潟県長岡市で行われる花火大会です。なんと、日本の花火の名所で上位に食い込むほど人気です。見所はなんといってもフェニックスです。平原綾香さんのジュピターに合わせて打ち上げられる花火は圧巻です。
長岡花火は明治12年から続く花火なので、その歴史や伝統を考えて着物で行くのにぴったりです。また、着物で来られる来客者も多いので、まわりとの一体感がまた、盛り上げますね。恋人と行くのなんかもとてもおすすめです。

  着物のコラム・豆知識

ファブリック帯とミシンで着物 長岡市在住 40代女性 Kさん

ドット柄の帯と着物どうしてもドット柄の帯が欲しくなったのでこちらの着物を作ってもらいました。

数年前、本屋さんで「ミシンで着物」と「ファブリック帯の本」という二冊の本に出会い衝撃を受けたのが始まりです。好きな柄や可愛い柄で着物や帯を作る事が出来るなんてとても素敵な事!嬉しくて二冊とも購入しました。

女性の家にはなぜだか、たくさんの布がありますが、我が家には思うような柄がなく、翌日には「ファブリック帯の本」を握りしめて布屋さんへ向かいました。

ファブリック帯とは長い袋状の布。一枚布でも二枚布でも芯をいれずに仕立てた柔らかい帯です。確か長さは4メートルで買った気がします。

お店の方に本を見ていただいてアドバイスを受けながら、黄緑色のドット柄とトリコロールカラーのストライプを選びました。そして、洋裁をやっている友達にいっきにミシンで縫ってもらい、余った布で半襟を作りました。帯と半襟がお揃いってなかなかテンションあがります。

着物は桃色、藍色、鼠色のウールに合わせてみました。黄緑色のドットと桃色の着物の組み合わせなんて平安のからの春の大人気コーデです。

ファブリック帯の時は兵児帯や半幅帯のように前で結んで後ろへ回します。芯が入っていないのでスムーズにまわりまし、リバーシブルなので気分でどちらも楽しめます。

ただ、フォーマルな着物には不向きです。あくまでもカジュアルな着こなしの場合にお使い下さい。

  着物の思い出

新潟市在住 40代女性 着物歴8年Sさん

卒園式の着物長男の卒園式に、自分で着付けをして参加しました。この写真は卒園式の後で、写真館で撮った時の思い出のものです。

私の亡くなった祖母は、すごく着物の好きな人で、私の七五三や夏祭りの浴衣を着付けてくれました。
また、私の母親は、卒業式や入学式に着物で参加してくれました。
周りの同級生の親が、礼服やフォーマルの洋服の中、着物で参加してくれた事が、嬉しかったので、今でも覚えています。
その時の事が、大人になっても思い出すので、自分の子供にも、同じような事を感じてもらえたらいいかなという思いから、私も着物で参加しました。
初めは、親が私の子供に時に来ていた着物を着たかったのですが、色あせとサイズが合わず、泣く泣く断念しました。
そこで、私が一番好きな色の“水色”と一番好きな“桜”のあしらわれている反物を購入し、自分のサイズに仕立てて貰いました。
桜の花びらは、日光などの光に当たると、キラキラと色が変わる特殊加工が施されているもので、とても気に入っています。
また、人に着つけて貰わず、自分で着付けをして卒園式に参加したかったので、着付け教室に参加し、練習もしました。
卒園式前は、子供が寝た後で、着付けの練習を毎日しました。
上手に短時間で着られるように、何度も何度も練習しました。
その甲斐があって、当日は、練習よりも上手く着付けができました。
子供も、着物を着て参加した事が嬉しかったようで、当時の事をよく覚えています。

  新潟県で着物や帯の買取実績

  • 本場大島紬や上質な訪問着など希少品多数で
    買取価格:145,000円
  • 羽田登喜男の極上品等複数枚が驚きの値段に
    買取価格:117,000円
  • 本加賀の黒留袖や川島の帯等一式が!
    買取価格:215,000円
  • 希少な人間国宝、北村武資の帯がこの価格!
    買取価格:230,000円
  • 絞り、染めなどの訪問着。全て作家物なら
    買取価格:184,000円
  • 京都千總の黒留袖やぜんまい紬が複数枚で
    買取価格:98,000円

  新潟県内の『着物買取』のエリア紹介

  • 上越市
  • 妙高市
  • 加茂市
  • 五泉市
  • 佐渡市
  • 十日町市
  • 南魚沼市
  • 柏崎市
  • 三条市
  • 新潟市
  • 糸魚川市
  • 新発田市
  • 燕市
  • 阿賀野市
  • 小千谷市
  • 村上市
  • 胎内市
  • 見附市
  • 魚沼市
  • 長岡市

 新潟県で着物を高く買取るお店はこちらでチェック!