一般的に着物の買取価格は安い

まず知っていただきたいのですが、一般的に質屋やリサイクルショップでは、着物は買うときは数十万、売るときは1〜2万といわれているように元々が高く売れません。これは新品同様の物や新古品の場合で、です。

びっくり

もちろん、有名作家さんの作品や希少な着物は別ですが、一般の着物の買い取りは需要が年々減っているためとにかく安いのです。

さらに、着物のクリーニング代が2・3万円もかかるため、シミや汚れがあると値段がつかないこともありますし、逆に処分料を取られる場合もあります。

30万で買った成人式の振袖が少し汚れただけで、買取1200円というのはこういった理由です。

※信じられないかもしれませんが、Yahoo知恵袋などで『着物 買取』で検索してみてください。
同じような内容がいくつも見つかることでしょう。

なぜ着物の買取は、こんなに安いのでしょう? 理由をご説明します。

着物の買取が安い理由

『もともと古着は高く売れない』

テレビのなんでも鑑定団の影響で、「掛け軸」「骨董」「切手」、そして「着物」は高く売れると思っている方が増えたようですが、高く売れるものは本当にごく一部です。

現代では「着物」というと特別な感じがしますが、着物はあくまで「服」なんです。
つまり売ろうとしているのは古い服、「古着」なんです。

古着だと考えれば高く売れない理由は分かっていただけるでしょう。

ただし、素人にはわからない名品があるのも事実です。

そういったものを見逃さないように、専門家の鑑定が必要なわけです。

『着物人口の低下』

そして一番の理由は、着物を着る人が少なくなったことが上げられます。

若い世代にリメーク着物が流行っているという話もありますが、着物業界の全体でみれば着物人口は大幅に減っています。
当然、お店では着物を買い取ってもあまり売れません。
ですから安く売るしかなく、そのため安くしか買取れないのです。

『日本人の平均身長の違い』

他に昔の着物が売れない理由に平均身長の違いが上げられます。
形見などでもらったお古の着物はサイズが小さいことが多く、現代の若い世代では着れません。
これは日本人の平均身長が食生活や生活週間の違いにより随分伸びたことが原因です。
昔は普通サイズであった着物が、いまでは小さいサイズになってしまいました。
当然小さいサイズの需要は少なく、これも古い着物が買い取れなくなった理由です。

『クリーニングが高い』

また、中古の着物が安い理由に着物のクリーニング代が高いというのも理由の一つです。
汚れた着物のクリーニングや修繕というのはとても高く、染み抜きクリーニングは3万、修繕となると5万は下りません。
つまり、売値を考えるとそういった着物は儲けになりません。

着物に詳しい人が丁寧に保管してきた着物であればいいのですが、箪笥に入れっぱなしで虫干しもしていないような状態だと、どんなにいい着物でも状態はよろしくありません。
こうなると必然的にクリーニングの必要があり、どんなに元は良い着物でも、高く買取ることができないのです。

高く売る方法があります!

これらの理由で、質屋やリサイクルショップでは折角持ち込んでも高く買い取ってもらえません。

でもじつは高く売れるところがあります。それはどこでしょう?

答えは、インターネットです。

着物の知識がある方、売れるまで時間がかかってもいい方は、Yahooオークションで着物を売ってください。物によりますが1着が1000円〜とお店では考えられないような値段で売ることができます。

しかし、このYahooオークションで売るためにも売るためのコツやテクニックがあります。

「着物の素材やコーディネートについて詳しく紹介する」「写真を何十枚も撮る」「売れるようなキャッチコピーを考える」など、初心者にはかなりハードルが高くなっています。

それでは、和服の知識がない、売れるまでに時間がないという方はどうすればいいのか?

答えはインターネットの着物買取ショップに売りましょう。

ネットの買取が高い理由は別のページにて紹介しています。
ネットでの着物の買取が高い理由

その他関連記事