高く売れる着物とは?

着物を高く売りたいとお考えの方のために、そもそもどういった着物が高く売れるのかご紹介します。

まずは着物の状態!

やはり高く売れる着物としては当然ながら状態が良い物は高く売れます。

新品、しつけがついたままの未使用品、着用回数の少ないものは高額査定となります。目安としては10年未満の物ということになるでしょう。シミ、汚れ、虫食い、カビなどがは発生してしまうとどうしても査定が下がってしまいます。

また、経年劣化にも注意が必要です。きちんと保管していても色あせや変色、シミが発生してしまいます。もし着る機会のない着物があれば劣化する前に早めに買取ってもらいましょう。

ただし、もし汚れやシミが付いていても諦めずに一度査定してもらうことをオススメします。

プロの手にかかれば汚れが落ちることもありますし、リメイクして使用するなど活用法がある場合は買い取ってもらえます。自己判断でタダで処分してしまうよりも、一度査定してもらうほうがいいでしょう。

着物の種類・サイズ・作者

査定額の良いものはやはり正絹の着物です。有名作家や老舗呉服屋の仕立てなどブランドがしっかりしていればさらに高額査定となります。残念ながらウールや化繊の着物はどうしても安くなってしまいます。

また、サイズが小さいものや特殊なサイズのものは買い手が少ないので査定額も低くなりがちです。ただし、一般的なサイズに仕立て直せるものならば査定にひびきません。

着物の柄にも流行がありますが洋服とは違い流行の移り変わりがゆったりとしています。それでもやはり10年を過ぎると時代遅れとなってしまいます。逆に古典柄は流行に関係なく、買取価格も安定しています。

afbd91f504597e4d19ae5419d56ce03c_s

証紙

証紙とは品質や産地などを証明する用紙で、着物を購入した場合には必ず渡されます。親族、知り合いなどから着物を譲られる場合もあると思いますが、その時にはぜひ証紙も一緒に譲り受けましょう。また着物を保存する際、たとう紙を交換する時に間違って処分してしまわないように気をつけましょう。

証紙がない場合は査定額が低くなってしまう場合もあります。買取に出す場合は忘れずに同梱しましょう。