クーリングオフ

着物の買取にクーリング・オフは使えるのか?

着物を売りたい方が気になることの一つに「返品が可能かどうか?」ということではないでしょうか。

そんな時に思いつく制度として「クーリング・オフ」があると思います。

今回は「着物買取にクーリングオフが適用できるのか?」、「返品はできるのか?」をご紹介します。

クーリングオフとは?

そもそもクーリング・オフ制度とは、特定商取引法(第58条の14)訪問購入に係る売買契約の申し込みや締結が行われた場合であっても、法定書面を受領した日から起算して8日以内であれば、当該売主たる消費者(申込者等)は書面により申込みの撤回や契約の解除ができるという制度です。

簡単に言えば、「自宅に訪問しての取引は8日以内なら撤回できる」という制度です。

クーリングオフは着物の買い取りに使えるの?

クーリングオフは、訪問による取引ということなので、そもそも「宅配買取」や「持ち込みの買取」は対象外です。
唯一可能なのが出張買取になります。

出張買取を考えていない、買取のお店が出張買取をしてないお店の場合、クーリングオフは使えないということになります。

クーリングオフは出張買取のみ適用できる制度です。

クーリングオフの流れ

それでは、スピード買取さんを例にクーリングオフの流れをご紹介します。

1.クーリング・オフの依頼

まずはお客様相談室まで連絡してください。

クーリングオフは、特定商法取引法第58条の14の規定では「法定書面も受領する事」が条件になっていますが、スピード買取さんでは電話にて受け付けてくれます。これはお客様満足度向上の為だそうですが、担当が付いて誠実に対応してくれます。

2.クーリングオフの受付

「なぜ、クーリングオフを希望しているのか?」をご連絡ください。

スピード買取さんは「お客様の声」をとても重視しており、サービス向上の糧とし、”お客様からの声が主導となる運営”を志しているそうです。

何か問題があったのか、なかったのかなど詳しく理由を伝えてください。

3.全国保管室でお客様のお品物特定

スピード買取さんでは買取した品物を8日間、本社管轄下の全国保管室で保管しています。

さらに各地域からの発送・到着までの時間を考慮し、特定までに最長7日間です。

4.電話とFAXにて品物特定の連絡

品物を担当部署が特定し、品物確認後はお客様相談室より電話とFAXの両方で連絡します。

5.品物の返送

東京本社より発送しますので、最長4日の期間でお考えください
品物の特定ができましたら、速やかにお品物と記入依頼書類を返送いたします。

品物到着まで最長4日間と書いてありますが、東京近郊であれば翌日に到着することもあります。

6.品物到着の確認

品物が手元に届いたら、契約時の「買取承諾書」の明細内容、「解約確認書」、又は「和解書」の記載内容と返送された品物を確認してください。

7.ご署名・ご捺印・ご返送

返送された品物が確認後、同封の「解約確認書」、又は「和解書」の内容に納得できたら、必要箇所に署名・捺印後、同封の「返送用封筒」で返送してください。

8.返金

書類の署名・捺印、返送の後、同封の書類に記載された振込先に買取金額を期日までに返金してください。
その際の振り込み手数料はスピード買取の負担で大丈夫です。

9.クーリング・オフの手続き完了

買取金額の振込がが終われば、クーリングオフは完了です。

以上になります。

まとめ

クーリングオフは、出張買取で品物を売った方のみが利用できる制度です。

ただし、他の買取店の場合、書面での手続きが必要ですが、スピード買取さんではお客様のことを考えて法的書面だけでなく電話にても受け付けてくれます。

また、じつはスピード買取さんでは他の宅配買取や持ち込み買取に関しても、一部返品制度を取り入れています。

少しでも困った場合は、「お客様相談室」に相談してみてください。
きっと力になってくれます。

こういった取り組みをしているのはスピード買取さんだけなので、利用するほうとしても安心できますね。

スピード買取の口コミや評判

着物買取店ランキングへ⇒