彩羽(いろは)の口コミと評判

着物買取のいろはのHPイメージ

着物買取店「彩羽」のお店の特徴や買取査定についてと、利用者の口コミや評判をご紹介します。

 彩羽のお店の特徴

大阪に本社を構える彩羽では、関西や東海地区で不要となった着物の買取、査定サービスを行っています。
それぞれの地域で無料出張査定を利用できることから、重たい荷物を持ち出さずに家にいながら着物を現金に換えられるのが便利です。

さらに、大阪の針中野駅前店と名古屋にある新栄店では店頭買取も受け付けています。いずれの場合も目の前で査定、買取額に対して丁寧な説明を受けられるという安心感が魅力です。

また、彩羽の着物買取では生前、遺品整理にも力を入れています。
年齢を重ねたかたが健康なうちに身の回りの整理をしたいという場合、遺された家族が故人の所持品を処分するために多くの着物を手放したいと考えている場合など、気軽に買取に関する相談をしたり、査定を申し込むことが可能です。

ハート

 彩羽の買取査定について

彩羽では査定員が手袋を着用し、着物を1点ずつ丁寧に査定していきます。
状態のいいもの、人気と需要が高いものほど高値がつきやすいというのは、中古市場においての共通項です。

彩羽でも有名ブランドである白大島の着物や織悦の袋帯などが50,000円、伝統工芸品である伊勢型の反物が12,000円という高額で買取された例があります。

また、遺品整理など扱っている彩羽を利用するメリットは、何十年も昔の古くて使用感がある着物や、シミ、色褪せなどが見られる傷んだものも買取を行っているという点です。

彩羽ではこうした着物の流通ルートを独自に確保していることから、他店で買取を断られてしまった着物にも価格をつけてもらえ可能性が高くなります。

実際、20年前のデザインが古くなってしまった振袖を10,000円で、保存状態が悪くシミができてしまった正絹の訪問着が5,000円で取り引きされています。袖を通さなくなった着物を所持しているけれども現金に換えられるほどの価値があるかわからない、そんな場合でも、まずは彩羽で査定を受けてみるのがおすすめです。

リボン

  彩羽の口コミや評判は?

彩羽の評判については、まず査定員の対応のよさが評価されている点が挙げられます。

出張査定の場合には最初に古物商資格証明の提示、名刺交換で身元を確かなものにし、買取価格の提示後もその理由を利用者にわかりやすく説明していることから、初めての着物買取でもスムーズだったということで比較的口コミは好意的です。

付属品を一緒に査定に出したら想像していたよりも高い買取価格だった、状態が悪いので買取拒否を覚悟していたら値段がついた、そんな喜ばしい感想を目にします。また、査定員との会話で心から着物に親しみを持っていることを窺い知れ、着物の話で盛り上がれたという声もありました。

逆に、自信を持って査定に出したが提示された金額が思ったよりも安かったという声も聞かれます。
この場合、相場を鑑みた適切な査定であっても、期待が大きければガッカリしてしまうということもあるでしょう。

また、じっくりと丁寧な査定が行われることで、出張買取の際の滞在時間が長かったと感じるかたも見られます。
しかし、時間をかけているからこそ正しい価値を見出せますし、しっかりと着物を鑑定している証拠です

目の前で行われる査定ですので、それだけ信用度も増すでしょう。

ハートと手

 

 まとめ

彩羽は高級ブランドから自身では価値がわからない着物、さらに長年所持していて状態が悪化してしまっている着物まで、さまざまな着物の処分をお任せできる買取店であることがわかります。

関西や東海地域に住んでいるかたであれば店頭買取はもちろん、無料で出張査定を依頼できますから、一度に大量に着物を手放したいという場合には、荷物をまとめたりする必要なく査定員を呼んで手続きを行えるのが便利です。

どちらかというと高額買取を目指すというより、取り扱いに困っている着物を売りに出したい、ただ捨てるのにはもったいないので1円以上の価値を見出して欲しい、そんなかたに適しているサービスです。

全国にはいろいろな着物買取店がありますが、こうした彩羽の特徴に都合のよさを感じた場合には、積極的に利用をすることをおすすめします。

着物買取の彩羽の公式HPはこちら  

 

口コミやアンケートを元にオススメの着物買取店もご紹介しておきます。

オススメの着物買取店ランキング 

いずれにしても、「この着物売れないんじゃないかな?」 と思って諦めずに、とりあえず査定に出してみましょう。

彩羽の買取の体験談一覧

着物買取のいろはのHPイメージ 着物買取の彩羽(いろは)の口コミと評判
着物買取店「彩羽」のお店の特徴や買取査定についてと、利用者の口コミや評判をご紹介します。 続きを見る