訪問着の買取相場や売りたい人が知っておくべき情報

訪問着は、準礼装~略礼装にあたる着物です。年齢や結婚の有無に関係なく幅広い世代に着用され、結婚式や披露宴の他、お宮参りや七五三、学校行事に至るまで活用の幅が広いのが魅力です。訪問着の一番の特徴は絵羽模様と呼ばれる全ての縫い目をまたいで一枚に繋がる絵柄が入っている点です。
紋が入っているもの・入っていないもの、日向紋(陽紋)・陰紋・中陰紋、五つ紋・三つ紋・一つ紋など、紋の入れ方で格が異なってきますが、最も格が高いのは最も格が高いのは全体を白く染め抜いた日向紋(陽紋)の五つ紋です。但し、訪問着でよく用いられるのは三つ紋か一つ紋とされています。

訪問着を売るのであれば、着物を専門に取り扱っているか、着物の取り扱いが多い買取店で的確な査定を受けられることをお勧めします。訪問着の買取額は数百円から数十万円に至るまで様々ですが、着物の価値を証明する証紙が付けられていると金額アップが見込まれます。

訪問着の相場

訪問着は、結婚の有無に関係なく着られる準礼装であり、フォーマルな場からカジュアルな場まで幅広く活用できる点で人気がある着物です。買取相場としては最も格が高い黒留袖と同等の価値があると見なされていますが、具体的な買取価格としては数百円~数十万円とかなり幅があります。訪問着は人気がある着物である分、手染めだけでなく印刷された模様があったり、ノーブランドor老舗ブランド、無名作家or国宝級作家といった具合に様々な人が手掛けたものがあったりなど、種類がとても多いためです。

着物は保管状態によって価値が大きく左右されますから、湿気や虫、カビ、日焼けなどには十分気を付けましょう。訪問着で由緒あるブランドや染め方、作家等によるものであれば、証紙がついていますので、買取に出す際には必ず持参しましょう。せっかくの良い着物であっても、証紙がないと価値を証明することができないため、マイナス査定となってしまいます。
また、着物は着る人のサイズに合わせて仕立てられるオーダーメイドのため、仕立て直しがしやすい丈の長いもののほうが査定額もアップします。その他、柄や色によっても査定額が異なり、モダンな柄よりは古典柄、無難な色よりは季節感ある色が用いられている訪問着のほうが重宝される傾向にあります。

訪問着を売るには

訪問着を売るのであれば、リサイクルショップや質店など買取を行っているお店に持っていくのが一般的ですが、着物を専門に取り扱っているお店、あるいは着物の取り扱いが多いお店を選ぶのがお勧めです。というのも、着物の買取額は保管状態、染め方、柄、紋の有無や紋の付け方、作家、銘柄等々によってかなり変わってくるため、詳しい人でなければ的確な査定額が判断できないためです。着物を売る際、持ち運びにも留意する必要がありますが、出張査定を行っている買取店であれば、家で保管しているそのままの状態で査定してもらうことができます。また、インターネット査定申し込みを利用すれば、思い立った時にすぐに売ることができるので便利です。
訪問着で最も人気のある銘柄は「加賀友禅」や「京友禅」ですが、これらにも格があって手描きであれば高値が期待できますが、印刷の場合にはあまり期待はできません。着物の産地や価値を証明するものに証紙というものがありますので、持参していくと査定額のアップに繋がります。

訪問着の買取が高い業者はここ!

複数の買取業者とのやりとりは時間がかかりますし、体力的にも精神的にも消耗します。

口コミなどで買取の高い業者が知りたいと思った方は、当サイトの着物買取店ランキングをご覧ください。

100人以上の買取体験者へのアンケートとyahoo知恵袋などの口コミを元に着物買取店のランキングを作っています。

高く、効率よく紋付きを売りたい方はぜひご覧ください。

まとめ

訪問着は、絵羽模様と呼ばれる全ての縫い目をまたいで一枚に繋がる絵柄が入っているのが特徴の着物です。年齢や結婚の有無を問わず着用できるため幅広い世代に親しまれている他、格としては準礼装~略礼装にあたり、結婚式や披露宴等の各種式典からお宮参りや七五三、入学式、卒業式といった子どもの行事まで、活用の場が多いのも魅力です。
紋の有無や紋の数、紋の入れ方などによって様々な種類があり、格も異なってきます。最も格が高いのは日向紋という全体を白く染め抜きにした紋の入れ方で、なおかつ五つ紋となります。但し、訪問着の場合には三つ紋か一つ紋が一般的です。
訪問着を売るのであれば、着物を専門に扱っている買取店、もしくは着物の取り扱いが多い買取店がお勧めです。活用の幅が広い着物であることから人気があり、買取金額も比較的高めに設定されていますが、相場は数百円から数十万円とかなり幅があります。これは、無名のものから国宝級のものまで種類が多岐にわたるためです。価値を証明する証紙を付けることで、査定額アップが期待できます。


補足


訪問着とは

訪問着は、振袖や留袖と違って年齢や未婚・既婚を問わず着用できる和服です。似たようなものに付け下げがありますが、付け下げは絵柄が裾にだけ入っていて縫い目にかからないようになっているのに対し、訪問着には絵羽模様と呼ばれる全ての縫い目をまたいで一枚に繋がる絵柄が入っているのが特徴です。
ドレスコード的に言うと訪問着は準礼装~略礼装にあたり、洋装で言うと男性のディレクターズスーツやタキシート、女性のカクテルドレスと同等になります。結婚式や披露宴、各種式典、パーティーの他、お宮参りや七五三、入学式、卒業式といった子どもの行事など、幅広く活用できます。訪問着は昔のお出かけ着でしたから、観劇やお茶会にも適しています。
訪問着の絵羽模様は、古典的なものから現代らしい西洋の花が描かれたものまで様々あり、場に応じて使い分けるセンスが求められます。結婚式や披露宴、各種式典では華やかなものを選び、子どもが主役となる場では控えめな雰囲気のものを選ぶのが基本です。

訪問着の種類

紋入り

日向紋(陽紋)……全体を白く染め抜きにした紋で、最も格が高い入れ方になります。
陰紋……紋の型と柄を染め抜きや縫い取りによって白く表した紋で、略礼装に用いられます。
中陰紋……輪郭を陰紋より太い白線で表現したもので、核としては日向紋と陰紋の間にあたる略礼装です。

紋なし

紋入りよりもカジュアルになりますが、最近では紋入り・紋なしにこだわらず着用される傾向にあります。着る場が限られる紋入りと比べ、紋なしは広い用途で用いられるのが魅力です。

紋の数

着物は紋の数によっても格が異なってきます。訪問着の場合は五つ紋から一つ紋まで入れることができますが、訪問着に一般的に用いられるのは三つ紋か一つ紋です。三つ紋であれば、色留袖と同等に扱えるので、身内の結婚式などに着用することができます。一方、一つ紋の場合には子ども入学式や卒業式、観劇、お茶会に至るまで幅広い用途で着用可能です。

紋の付け方

紋は、その入れ方によって種類があります。
染め抜き紋……紋を白く染め抜いたもので、最も格が高い紋の入れ方です。
染め紋……色で紋を染めるもので、格としては略紋となります。
縫い紋……紋を刺繍によって表したもので、略紋となります。
貼り付け紋……アップリケやワッペンのように後から紋を貼り付けるもので、最も格が低い形式です。