着物の買取相場の記事一覧

羽織の買取相場と買取で高く売れる?羽織はどんなときに着るの?

羽織は着物の汚れを防ぎ、寒い季節の防寒着で、室内でも着用できます。好みや目的に合わせて丈の長さが選べ、羽織紐や裏地で着こなしを楽しめます。正絹の高級品や袖丈や着丈がトレンドに合っていれば、着物買取専門店で高額買取が期待できます。

小紋(こもん)の買取相場と買取してもらうときの注意点は?

着物のおしゃれ着である小紋は、さまざまな種類があり、カジュアルなお出かけやセミフォーマルな装いまで使い勝手の良い着物です。着られなくなったときはネットオークションやフリマアプリでも売却できますが、無料査定で適正価格の着物専門買取店がおすすめです。

上布の着物や反物の買取相場は?売り方で数千円の差が出る

上布は「上等な生地」の総称で、着物では麻を使った生地を指します。
日本文化の中で生まれたもので、着物以外にも反物の状態で取引され、着物、反物どちらでも売却することが可能です。
着物の中では高価でありながらもとても売りやすいので、売却で困ることはありません。

振袖の買取相場は高く売るためにはどうしたらいい?振袖はどんなときに着る?

未婚女性が着るもっとも格が高い着物が振袖です。袖の長さにより大振袖、中振袖、小振袖があり、それぞれに合わせた着用シーンがあります。必要がなくなった振袖を売る場合、着物買取専門店サイトがもっとも高価買取が期待できます。

帯の買取相場と売り方で大きく変わる売却価格

帯は着物を北ときに最も目立つもので、着物を固定するために使われる和装の基本的な装身具です。
着物を着るときには必ず必要になるため、装身具としては比較的中古での取引が多いので売れやすいのですが、売り方によって売れやすさと価格の付き方が大きく変わります。

紬(つむぎ)の買取相場とどんな種類がある?売るためにはどうしたらいい?

絣は、染め分けた糸を経糸・緯糸のいずれか、もしくはその両方に用いて織ることによって文様を表していく織物技法の1つです。日本三大絣である伊予絣、久留米絣、備後絣の他、地域によって様々な絣があります。普段着として親しまれ、常に安定した人気があります。

付下げの買取相場と高く売る方法と目安となる種類別

付下げの買取相場と高く売る方法と目安となる種類別 付下げは主に芸者や舞妓が使用する仕事着で、現在では略礼装として使われるほか、普段着としても使われることがあります。 軽い外出のほか、訪問着としても使えるため需要が高く、付 ‥‥

訪問着の買取相場や売りたい人が知っておくべき情報

訪問着は準礼装~略礼装にあたり、年齢や結婚の有無に関係なく着用できます。結婚式や披露宴の他、七五三や入学式、お茶会、観劇など幅広く活用できるため人気が高い着物です。その分、種類が多く買取相場は数百円から数十万円と幅があります。

紋付きの買取相場と売却時に気をつけるべき2つのこと

紋付きは家紋入りの着物の総称で、日本における正装でもあります。紋付きを着る場面はかなり限定されており、現在ではほとんど使われることがありません。一定の需要はあるので売却することは可能ですが、紋付きは売却時に注意しないといけません。この記事では紋付きの買取相場、売却時に気をつけるべきこと、紋付きの種類などについてご紹介します。

友禅(友禅)の買取相場と売却時の注意点!高く売るためにはどうすればいい?

着物の染色方法である「友禅」は、繊細で鮮やかな模様を描いた着物です。手描き友禅と型友禅の2つに分かれ、手描き友禅はさらに技法が分かれます。京友禅、加賀友禅、東京友禅が日本の三大友禅で、目利きができる着物買取専門店で高値の買取が期待できます。

留袖(とめそで)の買取相場と売るときの注意点!

既婚・未婚女性が着る着物の中で、一番格式がある留袖は、黒留袖と色留袖の2種類があります。着なくなった留袖を売るときには、無料で査定を受けられる着物買取専門サイトがおすすめです。着物の知識があるスタッフの出張買取や宅配買取が可能です。

絣(かすり)買取相場と売却時に気をつけるべきこと

絣は、染め分けた糸を経糸・緯糸のいずれか、もしくはその両方に用いて織ることによって文様を表していく織物技法の1つです。日本三大絣である伊予絣、久留米絣、備後絣の他、地域によって様々な絣があります。普段着として親しまれ、常に安定した人気があります。