絣(かすり)買取のお得情報と紬の基礎知識

絣(つむぎ)は、昭和30~40年代頃にかけて普段着の和服用に用いられた織物技法です。
第二次世界大戦中にはもんぺに仕立て直して着用されていました。

現代では洋服やネクタイ、鞄、室内装飾品など様々な用途で利用され、伝統文化の見直しや保護、地方再生といった観点から再注目されつつあり、後継を希望する人も増えてきました。

そんな絣を売るのであれば、着物専門の買取店をお勧めします。正当な査定額を出してもらえるためです。一般的な相場は1,000~5,000円程度ですが、重要無形文化財や本藍染、正藍染などは、10,000円を超える高値がつくこともあります。

絣の相場

様々な着物の中でも、絣の着物は普段着として用いられてきたものであり、高級着物と比べると査定額は決して高くありません。しかし、その反面着物好きの間では馴染み深く、特に夏用の着物として重宝されるため、流行に左右されない安定した人気と需要があります。
保存状態や、絣の種類、文様等によって異なりますが、1,000円~5,000円程度が一般的な相場となっています。重要無形文化財である久留米絣や、本藍染の伊予絣、正藍染の薩摩絣などは、10,000円を超える高値がつくこともあります。但し、それらを証明できる証書がないと大幅に査定額がダウンする可能性があるので、必ず証書も大切に保管し、持参することが条件となります。

有名な絣以外にも、細かくて繊細な絵柄の絣は高い技術と手間を要するため高値がつきやすくなります。また、夏用であれば春のうちに売るなど、需要が高まる時期に売ることも高額査定に繋がります。思い立った時にすぐ売るのではなく、時期をよく見てから決断することが重要です。
絣に限らず、着物は湿気や太陽光線に弱いため、保管には特に気を配らなければなりません。カビ、虫食いにも気を付けましょう。染料に用いられる藍には虫除けの効果があるため、藍染の絣はお勧めです。藍染のものと一緒に保管することでも一定の効果が得られます。

絣を高く売るには

絣は、着物専門の買取店の他、質屋や一般的なリサイクルショップ等で売ることができます。ただし、着物の専門でない買取店だと一律の買取価格であったり、正当な査定額を出してもらえなかったりする可能性があります。

絣を売る際には、やはり着物を専門に取り扱っている買取店の利用がお勧めです。最近ではインターネットで査定申し込みや出張査定が可能な着物買取店も多く、特に出張査定は一番良い状態に置かれた着物を見てもらえるため、売り手に有利です。

高く売れる絣を種類別に見てみると、綿の絣では日本三大絣である伊予絣、久留米絣、備後絣が挙げられます。

これらは着物好きの間で安定した人気があるためです。また、同じ綿の絣でも薩摩絣は大島紬の技法を用いた絹のような光沢と風合いがあることで知られ、裏地のない単の着物などにも使われる人気素材です。

麻の絣としては、越後上布、能登上布、小千谷縮などがあります。通気性に優れる上に軽くさらりとした着心地のため夏用着物としての需要が高いためです。一方、絹の絣で有名なのは、琉球絣です。表面に凹凸があって汗ばんでも肌にくっつかないため、こちらも夏用着物によく用いられる人気素材です。
なお、着物は保管状態も重要なので、虫や湿気に気を付けて管理しましょう。

紬の買取が高い業者はここ!

複数の買取業者とのやりとりは時間がかかりますし、体力的にも精神的にも消耗します。

口コミなどで買取の高い業者が知りたいと思った方は、当サイトの着物買取店ランキングをご覧ください。

100人以上の買取体験者へのアンケートとyahoo知恵袋などの口コミを元に着物買取店のランキングを作っています。

高く、効率よく紋付きを売りたい方はぜひご覧ください。

まとめ

絣とは、染め分けておいた糸を経糸・緯糸のいずれか、もしくはその両方に用いて織ることで文様を作っていく織物技法の1つです。日本三大絣である伊予絣、久留米絣、備後絣、さらには山陰の三絵絣と呼ばれる倉吉絣、弓浜絣、広瀬絣が全国的に有名ですが、他にも薩摩絣や琉球絣、越後上布、小千谷縮等々、地域ごとに様々な絣が存在します。
絣の買取は、質店やリサイクルショップでも取り扱われていますが、正当な査定額を出してもらうためには着物専門の買取店がお勧めです。出張査定を行ってもらえる買取店は、保管が難しい着物を最も良い状態で見てもらえるため売り手にとって有利です。

絣には、日本三大絣や薩摩絣で知られる綿絣、越後上布や能登上布、小千谷縮で知られる麻絣、琉球絣が人気の絹絣などがありますが、それぞれに異なる風合いや魅力があり、一定の人気があります。夏用に用いられる絣は春に売るなど、買取時期を考慮するとさらに査定額アップに繋がります。
保存状態や、種類、文様等によって異なりますが、1,000円~5,000円程度が絣の一般的な買取相場です。重要無形文化財である久留米絣や、本藍染の伊予絣、正藍染の薩摩絣などは、10,000円以上の高値がつくこともあります。但し、証書がないと大幅に査定額がダウンする可能性があるので、必ず証書も大切に保管し、持参しましょう。


補足


絣とは

事前に染め分けておいた糸を経糸・緯糸のいずれか、もしくはその両方に用いて織ることによって文様を表していく織物技法の1つです。染め分けした絣糸を経糸に用いたものを「経絣」、緯糸に用いたものを「緯絣」、経糸・緯糸両方に用いたものを「経緯絣」と呼びます。
絣織りの発祥はインドとされ、東南アジア諸国を経て琉球、日本へと伝わりました。明治から昭和30~40年代頃にかけて普段着の和服用に用いられ、毎年数百万反が製造される最盛期を迎えました。但し、第二次世界大戦中は女性の着物着用が禁じられており、もんぺに仕立て直されていました。洋装化が急速的に進んでからは絣の需要が激減し、生産量も僅かになっていきました。
現代における絣は洋服の他、ネクタイや鞄など装飾小物や、壁掛けなど室内装飾に至るまで様々な用途で用いられています。生産に手間がかかる割には元々が普段着用であったため高級品とは見なされず、需要が伸びない傾向にありましたが、近年における伝統文化の見直しや保護、地方再生といった背景から絣織りの後継を希望する人も少しずつ増えてきています。

絣の種類

絣には、日本三大絣と呼ばれるものがあり、最盛期には年間200~300万反も製造されていました。また、山陰の三絵絣と呼ばれるものもあります。その他にも地方ごとに特色のある様々な絣が存在します。

日本三大絣

伊予絣……愛媛県松山市で製造される絣で、松山絣とも呼ばれています。江戸時代後期、今出の鍵谷カナが独力で織出したもので、当時は農家の女性達が副収入を得るため農作業の合間に紡いでいました。織機の改良が進む明治に入ると生産量が増え、明治中頃から大正にかけては日本で生産される絣の半分を占めるようになりました。
久留米絣……福岡県久留米市と周辺の旧久留米藩地域で製造される絣です。錦織物で藍染が主体となっています。久留米絣の技法は1956年に重要無形文化財に、1976年には伝統工芸品に指定されました。
備後絣……広島県福山市の新市から芦田町にかけて製造されている絣です。現在では錦のみとなっていますが、絹やウールも製造されていた時代もあります。

山陰の三絵絣

倉吉絣(鳥取県倉吉市)
弓浜絣(鳥取県弓ヶ浜半島)
広瀬絣(島根県安来市広瀬町)

その他の絣

  • 伊勢崎絣
  • 佐々絣
  • 薩摩絣
  • 武蔵絣
  • 琉球絣
  • 大和絣
  • 越後上布
  • 能登上布
  • 近江上布
  • 小千谷縮
  • 作州絣
  • 十日町絣