紬(つむぎ)の買取相場とどんな種類がある?売るためにはどうしたらいい?

素朴な風合いが魅力の紬の着物は、伝統的工芸品としても価値が認められています。もともと庶民の日常着でしたが、最近はおしゃれな着物のお出かけ着として人気を集めています。有名な紬になると着物買取専門店で高価な買取が期待できます。

紬の相場

カジュアルな着物ながら、中古でも人気が高い紬は、保存状態や証紙の有無などによっては数万円の価格がつきます。例えば大島紬の証紙付きは最大30万円、証紙なしで最大8万円、結城紬の証紙付きは最大10万円、証紙なしは最大3万円、塩沢紬は最大6万円、証紙なしは最大1万5千円が目安です。少しでも高く買取してもらうために、シミやカビが発生しないよう、定期的な虫干しで保管状態に気をつけてください。

紬を売るには

紬の着物を売る際は、着物の価値を適正に鑑定してくれるところがおすすめです。

リサイクルショップ・質屋・古着屋など

持ち込みしやすいですが、着物の知識があるスタッフがいないので、高級な紬でも相当の価格がつきません。

ネットオークション・フリーマーケットなど

自分で価格をつけられますが、着物の価値を伝えられないと、相当な買値はつきません。出品のための手続きも手間がかかり、個人間の取引なのでトラブルのリスクもあります。

着物買取専門店・着物買取サイト

着物の専門知識を持つスタッフが査定してくれるので、一番、高価買取が期待できます。持ち込みでなくても、宅配買取や出張買取に対応してくれるところがあります。宅配買取は自分の都合の良いときに郵送すれば良いですが、梱包する手間がかかり、査定の詳細を聞くことができません。出張買取は査定員が訪問してくれるので、まとめて査定してもらえますし、査定に納得行かなければキャンセルも可能です。出張費用や査定費用は無料で、高価買取が期待できるのでおすすめです。

紬の買取が高い業者はここ!

複数の買取業者とのやりとりは時間がかかりますし、体力的にも精神的にも消耗します。

口コミなどで買取の高い業者が知りたいと思った方は、当サイトの着物買取店ランキングをご覧ください。

100人以上の買取体験者へのアンケートとyahoo知恵袋などの口コミを元に着物買取店のランキングを作っています。

高く、効率よく紋付きを売りたい方はぜひご覧ください。

まとめ

着物通の人に好まれる紬は、有名な紬でなくても、希少性が高い場合があります。タンスに眠っているけど着る予定がない紬は、買取に出した方がお得です。誰かに大事に来てもらうこともできるので、思い切って査定に出してはいかがでしょうか?


補足


紬とは

紬は昔ながらの縞、絣などの柄が年代問わず、飽きずに長く着られると人気の着物です。身近にある着物でありながら、深い味わいのある紬は、最近、普段着からおしゃれを楽しむ着物に変化しつつあります。

紬は素朴な風合いの伝統的工芸品

紬は蚕の繭から手作業で糸と紡ぎ、撚りをかけて丈夫な糸に仕上げた織物で、一般的に糸の状態で色を染めてから織り上げる先染めを用います。小紋や訪問着のように白生地に模様を染める後染めで模様を表現するのではなく、織りで柄を表現します。絹織物なのに色合いが淡く、絹らしい光沢がないので、素朴で味わい深い粋な反物として人気があり、紬の帯やコート、道行、羽織もあります。
紬一枚が織られるまでに数ヶ月以上から1年の期間が必要で、日本の伝統的工芸品に選ばれているものもあります。特殊な技法は世界的にも知られ、有名な大島紬はゴブラン織り、ペルシャ絨毯と並ぶ世界三大織物の一つとされています。

日本各地に残る庶民の日常着

身分制度があった江戸時代、身分によって着用する衣服に制限がありました。その中で紬は養蚕農家が市場に出せない粗悪な繭糸を使って織り上げた着物で、同じ絹織物とは分からないほど質素な風合いだったため、百姓や町人など身分が低い庶民にも着用が許されました。日常着として着用していたので、日本各地でその土地の風土にあったさまざまな織物の紬が生まれています。

普段着としてのおしゃれを楽しむ着物

紬は着心地はパリッとして軽く、きっちり着付けるよりも、ざっくりラフに着た方がおしゃれに見える着物です。最初は布地が硬く、ゴワゴワした感じがしますが、着ているうちに布地が柔らかくなり、着心地も良くなります。着物の中ではカジュアルな雰囲気がありますが、絹織物なので洋服に比べてシックな装いになります。
下駄を合わせればよりカジュアルになり、バッグや小物に気をつければ、高級レストランでの食事でも着用できます。入学式や結婚式、正式なお茶会やパーティーには着用できませんが、同窓会、観劇、美術館巡り、友人との食事などのお出かけにぴったりです。

紬を楽しむ時期

色合いや仕立てによりますが、紬は基本的に盛夏以外に着用する着物です。夏紬というものもありますが、薄物に比べて透け感が少ないため、着用するのは6月初旬、または9月半ばが適しています。

紬の着こなし方

紬の着物に合わせる帯は、金糸銀糸が織られていないしゃれ袋帯、名古屋帯、袋名古屋帯、染め帯などが合います。気軽な着物のお出かけには重厚な柄の袋帯より、季節感を感じるお太鼓柄の名古屋帯や半幅帯などの方がぴったりです。

紬の種類

紬は全国に産地があり、鹿児島の本場奄美大島紬や茨城、栃木の結城紬などが有名で、大きく3種類に分けられます。

大島紬・結城紬などの高級紬

紬の最高級品とされる着物で、日本の古典的な幾何学模様や伝統的な模様が織り込まれています。鹿児島や宮城の本場大島紬は熟練の技術と長い時間を要し、着物の女王とも呼ばれます。染色方法により藍大島、泥大島、色大島、白大島に分かれ、中でも泥大島は高級品として知られます。茨城や栃木の本場結城紬は国の重要無形文化財に指定された工芸品です。すべて手紡ぎ糸を使用するので糸を紡ぐだけで約2ヶ月かかり、生地は柔らかく暖かいです。文様が小さいほど高度な技術を要するので、高価になります。

米沢紬・上田紬・郡上紬・塩沢紬などの普段着の紬

カジュアルな格子柄や縞模様で普段着として着用できる紬の着物です。山形の米沢紬は紅花などの植物で染め上げた織物で、食用のぜんまいの綿毛を使った米沢ぜんまい紬もあり、希少価値の高い着物。長野の上田紬は縦糸に生糸、横糸に真綿から紡いだ出紬糸を使い、庶民の最高級の織物です。岐阜の郡上紬は茜や藍などで草木染めによる糸で織られた紬。新潟の塩沢紬は奈良時代から続く麻織物の技術を絹織物に用い、さらりとした風合いが特徴です。

色無地の紬

1色で染めた糸で織った紬に一つ紋を入れています。元々は着物を着慣れた年配の方が着用していましたが、無地なので好きな帯と合わせやすいためか、初心者も着こなしやすいと若い世代に人気です。